ビットカジノブログ

そのほか

日本のパチンコ業界の全てを徹底解説!種類や仕組み、カジノとの違いがわかる

カテゴリー
日本のパチンコ業界の全てを徹底解説!種類や仕組み、カジノとの違いがわかる

日本のパチンコ業界の全てを徹底解説!種類や仕組み、カジノとの違いがわかる

Thu Sep 15 2022 05:48:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

2021年の総売上が14兆円を超える日本のパチンコ業界。市場規模はコロナ禍という事情もあって2011年の25兆円を大きく下回り、パチンコ業界の将来に暗雲が立ち込めているという声もあります。


仮想通貨でプレイしよう

ビットカジノで仮想通貨で賭けて、勝って稼ぎましょう。何千ものゲームからプレイすることができます。


しかし、レジャー業界では飲食や観光を凌ぎ最も大きな市場規模となっているため、まだまだパチンコ業界の将来的に魅力ある産業と言えます。

この記事では、そんな日本のパチンコ業界に関して、種類や仕組み、平均賞金額、カジノとパチンコの違いなど詳しく解説していきます。最後まで読めば、日本のパチンコ業界を深く知ることができるので、ぜひチェックしてくださいね!

日本のパチンコ業界

1930年に最初の店舗がオープンしたと言われる日本のパチンコ業界は、1953年に店舗が4万を超えるなど一気に盛り上がりを見せましたが、現在では1万を切る数まで減少しています。

パチンコの遊技人口も一時期3000万人と言われていましたが、現在では710万人まで落ち込むなどパチンコ人気が下火となっているのが現状です。

その原因として挙げられるのが、パチンコ依存を防ぐために設けられている平均賞金額の規制。数々の規制緩和を経て、2019年には大幅な平均賞金額規制がされたことで、客足の減少にさらなる追い打ちをかけました。

今後、日本のパチンコ業界が当時の復活を遂げることは難しいかもしれませんが、パチンコ業界の将来を明るくするためには、パチンコ依存をうまく防ぎながら平均賞金額の規制緩和などをしていく必要があるでしょう。

パチンコ店舗の経営方法

パチンコ店舗の経営方法は、客が負けることによって稼いでいることは想像出来るかと思いますが、客の負けが直接利益になるような単純なものではありません。

パチンコ店舗の経営方法として最も重要なのは以下の2つです。

  • 台の稼働率
  • 釘の利益調整

パチンコ店舗の経営方法①:台の稼働率

パチンコ店が利益を上げるためには、台の稼働率を上げる必要があります。パチンコは最終的に必ず店舗側が勝つように作られているため、稼働率を上げることによって必然的に利益が生まれる仕組みです。

稼働率を上げるために、パチンコ店はイベントなどを設定します。パチンコのイベントとは、日付や曜日に関連付けたいわゆる『アツい日』を作り、いつもよりも客に還元しながら営業する日のことです。アツい日とそれ以外の日をうまく使い分けながら、パチンコ店は集客をしています。

パチンコ店舗の経営方法②:釘の利益調整

パチンコは内部に設置してある基盤によって、大当たり確率など全てが管理されていますが、それとは別に1日の利益を増減できるのが釘の調整です。

本来、法律で釘を調整することは禁じられていますが、パチンコ店では暗黙の了解で釘の角度調整を行いながら利益を調整しています。

パチンコの釘は、終日の回転数に大きな影響があるため、同じ台でも日によってどれくらい回るかが違ってくるのです。

パチンコの仕組みと確率

この章では、パチンコの仕組みと確率を解説していきます。

パチンコは、お金を入れて店から玉を借り、ハンドルを回して玉を打ち出すのが基本です。打ち出した玉が中央に設置されているスタート穴に入ることによって、大当たりの抽選が行われる仕組みとなっています。

つまり、どのようなパチンコ台でも演出の有無に関わらず、スタート穴に入った瞬間に抽選が行われ大当たりか否かが確定します。

また、パチンコの確率は、通常時の確率と確率変動時の確率など、パチンコ台の状態によって大当たりする確率が異なるのが特徴です。通常は約300分の1や約150分の1という確率で大当たりの抽選がされていますが、確率変動時は50分の1や30分の1など、とても当たりやすくなります。

パチンコの仕組みと確率は、昔から細かな変更はありますが、大枠は変わらず今でも採用され続けています。パチンコ業界の将来もこのような形は変わらず生き残るでしょう。

パチンコと種類について

一概にパチンコと言っても、ホールでは様々な種類のパチンコが稼働しています。現在ホールで遊ぶことができるパチンコの種類は以下の通りです。

パチンコと種類について

  • 確変機
  • ST機
  • 一種二種混合機
  • ハネもの

確変機

確変機とは、大当たり後に一定確率で確率変動という特集ステージに突入し、大当たり確率が大幅に低くなる種類です。

最も一般的なパチンコ台として知られており、パチンコといえば確変機という方も多いです。

ST機

ST機はスペシャルタイムの略称で、決められた回転数の間だけ大当たりする確率が大幅に低くなる種類です。

決められた回転数だけ確率が低くなるため、その間に当たらなければ通常ステージに戻ってしまいます。

一種二種混合機

一種二種混合機とは、大当たりのルートが2通りある種類です。1つ目は通常のスタート穴から抽選されるルート。2つ目はVゾーンと呼ばれる大当たり時に使用する特殊なルートです。平均賞金額の規制をかいくぐるため、多くの機種が一種二種混合を採用しています。

ハネもの

ハネものはスタート穴がなく、Vゾーンがメインとなるシンプルな種類です。

簡単なデジタル液晶はありますが、通常のパチンコのようなクオリティの高い液晶はありません。大当たりする確率が、釘で管理されている昔ながらのパチンコです。

カジノとパチンコの違い

同じギャンブルであるカジノとパチンコですが、この2つには大きな違いがありますので解説します。

カジノとパチンコの違い①概要

カジノは海外で合法的に賭けることが認められた賭博場であるのに対して、パチンコはギャンブルの1つですが、弾いた球の行先に得点がつき、その得点を景品と交換できる遊技です。

カジノとパチンコの違い②法律的見解

法律によって賭博が禁止されている日本国内では、お金を賭けたギャンブルをすることはできません。しかし、パチンコや競馬などの一部のギャンブルは、風俗営業法で許可されているため国内でも遊ぶことができます。

しかし、カジノは日本国内で認められていないことから、マンションの一室などで営業されている闇カジノで遊ぶのは明確に違法です。

そのため、カジノゲームをプレイしたいなら、オンラインカジノにアクセスするか、海外のランドカジノに行ってプレイするしかありません。

カジノとパチンコの違い③ゲーム数

カジノのゲーム数は、バカラやルーレットなどのボードゲームだけでなく、スロットなどを合わせると5000種類を超えます。特にオンラインカジノでは、遊びきれないほどたくさんのゲームをプレイすることが可能です。

それに対してパチンコはホールで遊ぶ必要があるため、多くて数百種類となっています。

カジノとパチンコの違い④ペイアウト率

皆さんが気になる最も明確な違いはペイアウト率です。

ペイアウト率とは、胴元がプレイヤーにどれくらい還元するかを表す数値で、100%に近ければ近いほど良い数値となります。

カジノのペイアウト率は95%と言われており、全てのギャンブルの中で最も高い数値です。これに対して、パチンコは75%程度と言われており、圧倒的にカジノが有利であることがわかります。

パチンコ業界の将来を担うオンラインパチンコも人気

パチンコ業界の市場規模や遊技人口は年々減少していることを紹介しましたが、その状況を打破するかもしれないと言われているのがオンラインパチンコです。

オンラインパチンコとは、ネット環境さえあればアクセスして遊ぶことができるパチンコで、パチンコの仕組みと確率はほぼ同じ機種が用意されています。オンラインだから可能なイベントも実施されているので、興味がある方は一度プレイしてみましょう。

オンラインパチンコのイベントとは

オンラインパチンコのイベントとは、プレイすることでアバターや景品が受け取れるものです。イベント期間を狙って集中的にプレイすることで、あなたにも豪華な特典を受け取ることができる可能性があります。

まとめ

パチンコはレジャー業界において、トップの市場規模を誇る遊技です。日本では1930年に初めてのパチンコ店がオープンし、現在では下火になりつつも710万人が参加する娯楽となっています。

規制緩和を繰り返しながら発展してきたパチンコは、パチンコ依存を防ぎながら、様々なパチンコ店舗の経営方法によって今後も続いていく産業の1つです。

カジノとパチンコの違いは大きいことから、どちらか一方ではなくどちらも遊んでみることをおすすめします。オンラインパチンコという選択肢もあるので、一度チャレンジしてみる良いでしょう!

日本のパチンコ業界の全てを徹底解説!種類や仕組み、カジノとの違いがわかる