ビットカジノブログ

ようこそビットカジノブログへ! ビットカジノの最新情報や人気スロット、ビットカジノ社員の日常について配信しています!

カルダノについて知っておくべきこと

カルダノについて知っておくべきこと

暗号通貨は、その発明以来、お金に対する社会の考え方や、扱い方を変えてきました。以前までの手段は、すべて紙幣や硬貨に限定されていました。しかし、お金に関する分野は、インターネット上でのより多くの選択肢に取って代わられました。そして、デジタルコインの時代が生まれました。新しいデジタルコインが作成されるたびに、金融業界の可能性が広がり続けています。  

ビットコインは、中本聡がインターネット上で報告書を発表したとき、オンラインで取引が行われる方法に革命をもたらしました。これは、不可逆的で確実なブロックチェーンを生み出しました。取引を検証するために銀行を通す必要はなくなり、つまり、取引の際の巨額な手数料と手間というハードルがなくなることを意味します。  

その分散型の性質により、ビットコインの流通の流れを監督する権威の中心的な形態はありません。代わりに、世界中に散在する何百万人もの人々が、ブロックチェーンに追加される前に、すべてのトランザクションを検証します。もちろん、トランザクションを検証するこのハードワークは、認められており、給料も発生します。

彼らはチェーンにブロックを追加するたびに、12ビットコインを受け取ります。もし、あなたが現在のビットコインの額(約$ 9,000)を知っているのであれば、それがどれほど巨額であるかお分かりでしょう。これは、ビットコインと仮想通貨が人気のある理由の一つです。

アルトコインの出現

仮想通貨という言葉を聞くと、ビットコインがまず思い浮かぶでしょう。主に仮想通貨愛好家のニッチコミュニティに知られていますが、ビットコインの概念以来、他の多くのデジタルコインが生まれました。それぞれが達成すべき異なる目的を持っていますが、仮想通貨のコア定義は常に守られなければなりません。それは分散化と、中央の権威によって制御されていない公的台帳に保管されなければならない、ということです。

イーサリアムのスマートコントラクトとリップル(XRP)の国境を越えたスムーズな送金ソリューションからトロン(TRX)のデジタルエンターテイメントプラットフォームまで、他のデジタル資産やアルトコインが山のように出現しており、ビットコインの成功に続きました。これらは通常、TRX や XRP のようにネットワーク内で使用することを目的としたオンライン通貨として機能します。

そんな仮想通貨の激しい潮流に挑む新たな仮想通貨はカルダノです。カルダノとはどのようなものか、そして、市場に山ほどある他のアルトコインとの違いは何でしょうか?また、カルダノには未来があるのでしょうか?  

カルダノ:学者達の愛の子


カルダノは、分散型スマートコントラクトプラットフォームと、パブリックおよびオープンソースのブロックチェーン上で実行されるデジタル資産です。これは、将来的には分散アプリケーションにより実行され、稼働するスマートコントラクトベースのシステムです。

カルダノプロジェクトは2015年に考案されましたが、2017年の最終四半期まで完全に開始されませんでした。チャールズ・ホスキンソンは、イーサリアムの共同創設者の一人であったため、スマートコントラクトを利用したこのプロジェクトを開拓は驚くべきことではありませんでした。

イタリアの数学者で哲学者のジェローラモ・カルダノにちなんで名付けられたカルダノプロトコルは、完成した報告書としてではなく、査読論文のグループとして書かれました。コードが実装される前に、プロの学者やエンジニアがこの計画書の開発に貢献しました。

プロトコルを公開する典型的な方法は、完全に中本聡スタイルで、どこからともなくインターネット上に報告書を投稿するだけでした。そのため、カルダノの査読付き論文は、仮想通貨愛好家にとって新しいものでした。しかし、このプロセスは、どんなプロジェクト内容であれ、専門家の合意を通じて形成されたという一種の保証があるので、しばしば新しいアイデアに懐疑的である人にとって魅力的となります。

 そのエコシステムの中でADAというカルダノのネイティブコインが実行されます。それは、2017年に始まり、2017年の最後の月から2018年頭にかけて、絶好調でした。ほんの短い時間で、それはランクを上げ、すぐにトップ10の暗号通貨になりました。執筆時点では、時価総額$0.0591と$1.5億の価格で11位に位置しています。

更に面白い事実として、ADAは実際にコンピューター技術の歴史上で重要となる革命的な女性プログラマーであるエイダ・ラブレースにちなんで命名されました。その小さな宗派は「ラブレース」と呼ばれています!カルダノが専門家や研究者のグループで構成されているということは、冗談ではなかったのです。

カルダノの公式サイトに基づいて、ADAはどこからでもアクセスできる30以上の交換サイトでホストされています。カルダノは、あなたの大切なADAとラブレースを保存することができるダイダラスと呼ばれる独自のADA財布を考案しました。

カルダノチーム 

言うまでもなく、チャールズ・ホスキンソンだけがこの先見性のあるプロジェクトに責任を負っているわけではありません。この行路で彼をサポートするのは、ブロックチェーンを一緒に調整し、維持する3つの組織です。

カルダノ財団は、主にプロジェクトの進捗状況を監督する非営利団体です。財団の主な任務は、コアプロトコルを促進し、標準化し、保護することです。

IOHK(インプット・アウトプット・ホンコン)はチームの頭脳です。これは、プロトコルを改善するために必要な思案と研究を行います。ホスキンソン自身がこの組織を率い、数学的天才能力を発揮しています。このエリートチームは学術研究機関の最高のエンジニアと研究者により構成されています。

日本から迎えられたエムルゴは、ビジネス開発のサイドチームとして位置します。それは、ブロックチェーン技術の活用する必要があるビジネスチャンスを創出することで、IOHKに資金を提供します。

ブロックチェーンの3世代

産業の優れた新生児と同じように、カルダノはその誕生以前に出現した仮想通貨によって残された問題を改善することを目指しています。特に先輩であるビットコインとイーサリアムの過ちから学ぶカルダノは、より効率的で安全で高速な方法で分散アプリケーションを実行できるシステムを提供することを目指しています。

カルダノはその概念から、仮想通貨には3世代が存在すると説明します。

  • 第一世代:ビットコイン - これはデジタルゴールドとして知られています。主にインターネット上でデジタルマネーを転送し、保存するために使用されます。

    このネットワークでは1 秒あたり平均3.3 から 7つ のトランザクションしか実行することができないため、その拡張性に問題があります。さらに、そのブロックチェーンはデジタルコインのみに限定されています。

  • 第二世代: イーサリアム - ブロックチェーンを介して仮想コインとは別に他の資産を転送することができるスマートコントラクトを開発しました。フル稼働時に は、1 秒あたり平均 13 トランザクションを実行することで拡張性が向上しました。

  • 第三世代:カルダノ - 上記の二世代が未回答のまま残した3つの問題、すなわち相互運用性、拡張性、持続可能性の課題に取り組むことを約束します。

カルダノによる救済

拡張性は、1 秒あたりのトランザクション数、ネットワーク処理能力、およびプラットフォームのストレージ数に対応します。仮想通貨は、世界中の資産を移転するという点でスピードを誇っています。それはまた、世界中から数千の取引を同時に受け取ることも意味します。そのため、プラットフォームが 1 秒あたりに多くのトランザクションを処理できない場合、エラーと問題が発生します。

拡張性

カルダノのウロボロスがここで介入します。このシステムは、よく使用されているプルーフ・オブ・ワークではなく、プルーフ・オブ・ステークを採用することで、拡張性の問題を解決します。プルーフ・オブ・ワークは、ブロックチェーンに追加されるすべてのトランザクションを検証する際にビットコインで使用される算方です。バリデータは新しいブロックを採掘し、このプロセスは多くのエネルギーとコンピュータの電力と時間を要します。

一方、カルダノが使用するプルーフ・オブ・ステークの算方では、次のブロックを採掘するためにネットワークによって選出されるノードはごくわずかです。これは、すべてのバリデータが12ビットコインのインセンティブを得るために1ブロックの検索を争うビットコインとは異なり、ウロボロスの各ノードに集中すべき1ブロックが割り当てられていることを意味します。各ノードが異なるトランザクションで動作し、より多くの結果を生み出すので、これはより効率的な方法であることが証明されます。

ネットワークが何千もの検証済みトランザクションを処理するには、継続的なダウンロードに十分な処理能力が必要です。カルダノは、RINA(リカーシヴ・インタネットワーク・アーキテクチャ)と呼ばれるノードの小さなグループに対応するサブネットワークを作成することによってこれを解決しているため、他の何千ものノードと処理能力を共有する必要はありません。

相互運用性

現在、市場にはたくさんのアルトコインがあり、誰もがベストパフォーマンスをもたらし、市場で最も価値のあるコインの称号を争っています。しかし、カルダノの人々は競争に関心がなく、デジタル資産が調和して一緒に暮らすコミュニティのように見えます。

カルダノは、業界のあらゆる仮想通貨の他の何千ものブロックチェーンを繋げる「ブロックチェーンのインターネット」を目指しています。この勇敢な約束は、仲介者を必要とせずに、あるブロックチェーンから別のブロックチェーンへの資産のスムーズな変換を意味します。

カルダノが取り組むもう一つの問題は、銀行や政府と仮想通貨の間にある不安定な関係です。ブロックチェーンの分散型の性質と、比較的新しく未知の業界と位置づけされているため、当局は暗号通貨に懐疑的である傾向があります。チェーン内のトランザクションは、送信者に関する情報や送金の理由が含まれていないという点で銀行とは異なります。

銀行の考えとは反対に、機密データのこの欠如は、ブロックチェーンの利点の1つとだと言われています。このように、仮想通貨産業において仮想通貨愛好家と銀行は同じ道を歩んでいないのです。

しかし、双方に対応するために、カルダノプロジェクトは人々に銀行が望む情報をトランザクションに添付するオプションを提供しています。しかし、これは完全にオプションであり、毎回これを行う必要はありません。このオプションにより、カルダノは仮想通貨と銀行との中間地点として機能します。

持続可能性

最後に、カルダノは、価格でサービスや製品を提供していない仮想通貨会社の財政的な維持に関する問題を解決します。通常、仮想通貨ビジネスでは、新しいコインの低価格を提示するICO(イニシャル・コイン・オファリング)を立ち上げます。これにより、会社の成長のための最初の資金となる多額の金額が供給されます。

最終的には、お金の流れがないので、上記のお金は使い果たされます。カルダノは金庫を作ってこの問題に取り組みました。それは基本的には会社の貯蓄口座です。ネットワーク上で発生するすべてのトランザクションから、少しの割合の額が誰にも管理されていない金庫に入れられます。

この金庫は、カルダノプロトコルを改善する方法についての新しいアイデアを考え出す将来の開発者のためのプール基金としても機能します。このように、彼らは改善と研究のための資金を提供する持続可能な方法を持っており、お金の源を心配する必要はありません。

カルダノのロードマップ


カルダノロードマップは、彼らの先見性のあるプロジェクト完了までの合計で5つの時代を描いています。カルダノのチームの発明は、バイロンから始まり、続いてシェリー、ゴーゲン、バショ―、ヴォルテールという名前で各時代を示しています。これらはすべて、主にコンピュータ技術の分野で今日の世界の変化をもたらした人々の名前です。

バイロン時代は、ADA仮想通貨とウロボロスコンセンサスプロトコルの誕生と共に、2017年にプロジェクトを開始しました。基礎が新設されると、まもなくシェリー時代が続き、より多くのノードがネットワーク上に参加しました。カルダノの代表委任と報奨制、ならびにプルーフ・オブ・ステークネットワークは、この時代に始まりました。

シェリー時代は主にシステムの中核を分散させることに焦点を当てましたが、その後のゴーゲン時代は、カルダノの査読研究と高保証開発への分散アプリケーションを迎え入れました。彼らは、スマートコントラクトの知識を持っていない企業レベルのクライアントにまで事業の手を広げました。

現在、第4段階であるバショ―の時代は、ネットワークの拡張性と相互運用性の問題を解決することに主に焦点を当てることを意図して始まったばかりです。この時代は、最後の段階であるヴォルテール時代に実施される予定の開発をさらにサポートするために、ネットワークの基礎となるパフォーマンスを向上させることを目標とします。

将来的には、カルダノは自立したシステムになることを思い描いています。この時代には、ネットワーク参加者がネットワークの開発アイデアを提案し、金庫で確保した資金により、それらのアイデアへの承認や資金提供を行うことができます。最後の段階では、カルダノはより分散化し、ステークホルダーにより多くの権利と影響力を与えます。

カルダノの波に乗ろう

問題解決ソリューションとスマートコントラクトプラットフォームにより、カルダノは大きな期待ができる先見性のある行路を示しています。このような複雑に計画された未来があるため、その魅力的な約束のすべてが実現するかどうかが興味深いです。もし彼らがその約束を実現すれば、これはカルダノにとって大きな成長をもたらすだけでなく、仮想通貨コミュニティ全体にとっても大きな成長をもたらすでしょう。

著者:リアン パディラ


                             ビットカジノで初めての体験をしましょう!

           アカウントがありませんか?20秒でサインアップができます!

3/27/2020
クリプト101:リップル入門編

クリプト101:リップル入門編

3/25/2020
仮想通貨を主流に導く3人の仮想通貨起業家

仮想通貨を主流に導く3人の仮想通貨起業家

3/13/2020

最近の投稿

ブログ
English日本語РуccкийPortuguês中文Español한국어DeutschFrançaisภาษาไทย