ビットカジノブログ

仮想通貨

安価な仮想通貨に投資すべきか否か?

カテゴリー
安価な仮想通貨に投資すべきか否か?

安価な仮想通貨に投資すべきか否か?

Mon Apr 05 2021 01:45:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

パンデミックの間にビットコインが急成長し、その後に一般の人々の間でクリプト(暗号)投資の需要が高まりましたよね。そして、仮想通貨の性質に躊躇していた人々でさえ、これを長期的な投資と見なすようになったのです。

どんなにエキサイティングで収益性の高いデジタル資産であっても、人々は人気のあるトークン、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどにすぐに投資することはできません。これは、価値の変動と暗号情報の不足によります。今後数年間で成長できる大量の投資をしたい場合、これらのデジタル資産は高価なモノです。 でも、もし、破産することなく購入できる暗号があるとしたらどうでしょう? 詳しく知りたいなら、このまま読み続けてくださいね。

私たちのお気に入り、安価な暗号資産 

クォントスタンプ Quantstamp(QSP)

エラーを発見するためのインセンティブを得よう

クォントスタンプ・プロトコル(Quantstamp Protocol)またはQSPは、スケーラビリティを誇る最初のセキュリティ監査プロトコルとして知られています。QSPは、イーサリアムネットワークで行われたスマートトランザクションの抜け穴を再確認するように設計されました。QSPを介すると、スマートコントラクトのエラーを見つけることに有効で、トランザクションのチェックには効果的です。

デジタル契約の誤動作を見つけるためには、QSP ERC-20トークンが奨励されています。現時点で、QSPはコインマーケットキャップ(Coinmarketcap)の時価総額430位でランクイン。 QSPは、CoinDCX、Binance、Uniswap、Gate.io、HuobiGlobalなどの取引所で購入できますよ。

現在、QSPトークンの総供給量は9億7,644万で、循環供給量は7億1,380万となっています。

アイオタ / IOTA(MIOTA)

デバイス間で使用できるトークン

2015年にデイビッド・サンステボ氏セルゲイ・イバンチェグロ氏、ミニク・シーナー氏、そしてセルゲイ・ポポフ氏によって作成されたIOTAトークンは、IoTを利用するアセットです。 IOTAブロックチェーンの中には、それを有望なコインにする注目すべき機能があります。

まずは、チェーン内ノードの大規模なネットワークを介して、複数のトランザクションを処理できるスケーラブルなアセットだということ。次に、IOTAトランザクションは電話、タブレット、コンピューターなどの基本的なデバイスを使用して処理をするので、人々は簡単にバリデーターになれるということです。

 IOTAは、Binance、OKEx、HitBTC、Huobi Global、DragonExなどの取引所を通じて購入が可能。執筆時点で、1トークンは米ドル $ 1.98で購入できます。

ネム / NEM(XEM)

 有望なビットコインフォーク

NEMは、ニューエコノミームーブメントとしても知られる、エンタープライズレベルのクライアントに対応するように設計された分散型ブロックチェーンで、仮想通貨を検証および移動させる際、より機能的な方法を提供します。

XEMは、NEMのネイティブコインで、プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンを接続し、トランザクション用のより堅牢なネットワークを作成。さらに、トークンはNXTブロックチェーン分岐のひとつでもあります。

システムと呼ばれるプロトコルを介して、トランザクションを処理できます。 現在、XEMトークンの総供給量は90億で、循環供給量は70億です。

XEMトークンは、Bithumb、CoinDCX、Binance、Upbit、OkExなどの取引所で購入できます。

クリプトゲームを今すぐプレイ


レイヴンコイン / Ravencoin(RVN)

ユーザーの実際の資産とデジタル資産を取引可能に

アメリカのテレビ局、HBOのドラマシリーズのゲーム・オブ・スローンズに登場するレイヴンに触発されたというRavencoinは、暗号の所有者に「真実の声明」を届けるために設計されたデジタル資産。

ユーザーが実際の資産とデジタル資産を取引できるため、用途の広い暗号投資を探している場合、Ravencoinは、優れたオプションといえますね。これは、金の延べ棒や土地証書、ゲーム内機能、はたまたソフトウェアライセンスとは異なるでしょうけどね。

RVNトークンにはX16Rアルゴリズムがあり、集中化につながる可能性のあるASICマイニングを防止します。さらに、コインはビットコイン分岐から来ています。執筆時点で、Ravencoinは$0.19米ドルで購入可能。総供給量は210億で、現在83.1億が流通しています。

ルーメン / Lumen(XLM)

優れたオープンソースの支払いシステム

Lumenは安価な仮想通貨かもしれませんが、現在、市場で最も有望なデジタル資産のひとつとして注目されています。ユーザーが高額な手数料を支払うことなく、任意の通貨間でシームレスなクロスボーダー取引を処理できるようにするオープンソース支払いプロトコルであるStellarで実行されています。

2014年にアメリカのプログラマー、ジェド・マカレブ氏が弁護士のジョイス・キム氏と一緒にリリースしたStellarは、米ドルやビットコインなどの間の取引を受け入れます。 Stellarネットワークを通じて、さまざまな金融機関が協力し、より費用効果が高く効率的な方法で取引を実行可能にしています。

投資のための資産を探しているなら、XLMは$0.49米ドルで購入できる最も安い暗号コインのひとつ。Lumenトークンは、Binance、CoinDCX、OKEx、Coinegg、CoinbaseProなどの取引所で購入できます。

クリプトゲームを今すぐプレイ


カルダノ/ Cardano(ADA)

競争力のある手頃な価格の暗号資産

イーサリアムの共同創設者のひとりであるチャールス・ホスキンソン氏によって開発されたカルダノは、現在、市場で購入できる最も有望で最も安価な仮想通貨のひとつでしょう。

Cardanoは、分散型アプリケーション、システム、および社会への持続可能なブロックチェーンプロトコルの作成を目指しています。そのネットワーク内には、次のふたつのレイヤーがあります。

  • カルダノ・セツルメント・レイヤー / Cardano Settlement Layer(CSL)- CSLは、プラットフォームのネイティブコインであるADAが実行されて、チェーン内のトランザクションを可能にします。これは、プルーフ・オブ・ステーク・プロトコルを利用してトランザクションを検証する、Cardanoエコシステムの元帳として機能します。さらに、その構造は、交換およびスマートコントラクトの開発の媒体として使うことが可能です。
  • カルダノ・コムピュテイション・レイヤー / Cardano Computation Layer(CCL)- 一方のCCLは、値の情報がCardanoエコシステム内で転送される場所です。

Cardanoは、現在、CoinDCX、Binance、Wenx Pro、Bitrue、HuobiGlobalなどの取引所で$1.22米ドルで購入できます。

筆者: レイン・クエティン


クリプトゲームをプレイ

あなたの仮想通貨を最大限に活用してください。素晴らしいブロックチェーンゲームを、ここBitcasinoでチェックしましょう。

安価な仮想通貨に投資すべきか否か?