ビットカジノブログ

仮想通貨

あなたの仮想通貨を守る9つの方法

カテゴリー
あなたの仮想通貨を守る9つの方法

あなたの仮想通貨を守る9つの方法

Thu Feb 20 2020 05:00:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

新しいテクノロジーには、新しいチャンスとそれなりの問題がつきものです。仮想通貨も例外ではありません。 

2017年の仮想通貨ブーム以来、世界の人々はひとつの業界が機会や障害とともに興亡するのを目撃しました。仮想通貨業界が毎年評判を呼び、一般の人々に受け入れられるにつれ、ネット上のサイバー犯罪者の絶好のカモにもなっていったのです。 

ここ数年、仮想通貨が進化し、社会に受け入れらていくと、セキュリティの穴を突かれるようになりました。短い期間ですが、ハッキング事件はかなりの件数に昇り、世界中の投資家たちの頭痛の種となってきました。 

2018年に、仮想通貨業界はもっとも信頼されていた交換所が数百万、数十億ドルもの仮想通貨を、セキュリティホールを突かれて奪われました。2018年、コインチェックが10億ドル以上もの仮想通貨を失ったことに始まり、1900億ドルの顧客の仮想通貨が奪われ、クアドリガCXのCEOを自殺に追い込んだ事件に至るまで、こうした事件の数ははうなぎ登りになり、仮想通貨ユーザーに警鐘を鳴らすようになったのです。

今日まで、日本の仮想通貨交換所であるコインチェックへの攻撃は、史上最大のハッキング事件の一つとなっています。コインチェックはずっと顧客の仮想通貨を保証し続け、まだ運営されてはいるのですが、犯人はいまだ捕まらず、脅威が去ったとは言い難いのです。 

仮想通貨の盗難は、普通の出来事となり、、ハッカーたちにとって儲かる商売となっていったのです。 

大手の交換所に対する最近の盗難は、仮想通貨のセキュリティに対する話題に耳目を集めさせています。これまで以上に、投資家は仮想通貨を安全に保管するためのより良い、そしてより効率的な方法を探し求めているのです。 

専門家たちは、今や、暗号通貨が直面しているセキュリティ問題に緊急に対処しなければならないと認識しています。そうでなければ、仮想通貨の分散型という性質が諸刃の剣となりかねないのです。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨を安全に保管するのに必要なことを理解するために、まずは仮想通貨の仕組みを知る必要があります。仮想通貨は、基本的なブロックチェーンのおかげで、不正なトランザクションは実行を許可されることはありません。 

トランザクションはブロックチェーン上でデータもしくは「ブロック」として記録されます、大規模なコンピューターネットワークによって検証されると、誰かがデータを記録しているコンピューターの50%以上をコントロールする方法を見つけない限り、データを操作することはできません。ブロックチェーンの設計上において、障害点は一つもありえません。 

その性質上、仮想通貨とブロックチェーンのセキュリティは非常に強固です。トランザクションは何千ものコンピューターに記録され、全てのデータを相互検証し、中央集権的なものとはなっていないのです。システムは方程式や暗号学、キーによって運用されています。しかし、仮想通貨のウォレットにアクセスするプライベートキーを毀損したりなくしたりすると、セキュリティホールが出現します。 

ウォレットとキーとは?

仮想通貨のユーザーは、「ウォレット」と呼ばれる保管システムにある仮想通貨にアクセスすることができます。すべてのウォレットは2つのキーを用います。パブリックキーとプライベートキーです。パブリックキーは、あなたに送金したい人ならだれでも知ることができます。データの暗号化と送金者から受取人にデータを送金するときに使います。 

一方、プライベートキーは受け取ったデータを復号するのに使用します。したがって、プライベートキーはその名前の通り、プライベートなものとしなければならないのです。本来であれば、それはあなただけであるべきなのですが、あなたのプライベートキーを持っている人ならだれでも、あなたのウォレットに保管された仮想通貨を使用できるのです。彼らはあなたのウォレットに関して事実上なんでもできます。プライベートキーを変更し、またあなたを排除して、あなたのウォレットにある仮想通貨をすべて彼らのウォレットに送ることもできます。

ブロックチェーン上でなされたすべてのトランザクションは変更できないことを思い出してください。あなたの仮想通貨が盗まれたら、ありえないことですが、泥棒があなたの仮想通貨を送り返さない限り、ブロックチェーンのシステム上で取り返すすべはないのです。仮想通貨は分散化されており、規制されてはいないため、泥棒を捕まえる警察はいないのです。もし、いたとしても、仮想通貨の公開されているが匿名であるという性質が、仮想通貨の行方を追跡することは可能としても、どろぼうの身元を開示することはありえません。

仮想通貨のセキュリティを強固にする


セキュリティは、デジタル通貨に限らず、あらゆる業界に共通の問題です。泥棒はお金のあるところに群がるものです。仮想通貨の人気が高まるにつれ、ハッカーたちはそれを利用しようとするのです。 

幸運にも、仮想通貨の交換所は、市場が適切なセキュリティとリスクマネジメントなしに成長できないことをよくわかっています。 

業界はITの専門家と暗号学の天才が、仮想通貨のセキュリティの強化と全体的な機能の開発を進めている一方、あなたが仮想通貨への投資をハッカーや詐欺師から守るためにやれることが沢山あります。今は、かつてないほど仮想通貨のセキュリティを固める時期にあるのです。

ウォレットと交換所だけがあなたの仮想通貨を安全に保管できる最も重要なものです。他のものについてはあなた次第です。常に警戒し、ウォレットのセキュリティを高めるために情報を得るようにしてください。

仮想通貨を守るためにあなたができる方法をいくつか紹介しましょう。

1. 定評のあるソフトウェア会社のウォレットを使おう

ユーザーの活動が活発な 定評があり、よく管理された仮想通貨の交換所 を選びましょう。あまり知られていないスタートアップの交換所よりも、有名で信頼されているところほど、より安全な機能とリスクマネジメントがきちんと備えられているのです。 

法定通貨を預ける銀行を選ぶ時のことを考えてみて下さい。勝手に「銀行」といっているだけの建物や組織に、一所懸命に稼いだお金を預けたりしませんよね。評判と信頼はあなたの通貨をどのウォレットに預けるか決める上で重要な指標となるのです。

2. 交換所に資金を残さない

大手の交換所にはたくさんのユーザーがいますが、かわりにハッカーの群れをひきつけています。仮想通貨の交換所は安全なシステムを構築していますが、その設計上、生来の弱点も持っています。交換所のコアは中央集権化されたWEBアプリケーションであり、そのため、ネットのWEBアプリと同種の問題にさらされています。 

ここ2年だけでも数十もの交換所が侵入されていることがその証左です。結論としては、トレードするつもりのない資金は交換所に残すべきではないということです。

3. コールドウォレットを使おう

あなたのお金がオンライン上にある鍵である限り、どろぼうに掠め取られる危険は常にあります。ハッカーが「攻撃するかもしれない」ではなく、「いつ攻撃してくるか」なのです。仮想通貨を保管している所に穴を見つけるチャンスを与えるのではなく、コールドウォレットを使って、その機会を与えないようにしてください。 

コールドウォレットとは、ハードディスクやUSBのようなオフラインのハードウェアのことです。これらはオンラインでのトランザクションの承認をするための物理的なボタンを備えています。引き続き交換所やホットウォレットに資金を保管しておくこともできますが、失っても問題ない分だけの保管にしましょう。

4. 仮想通貨は分散して保管しよう

投資家がいうように、ひとつのかごにすべての卵をいれるべきではありません。いつ悲劇が起こるかわからないのですから。しかし、仮想通貨をいくつもの安全な場所に保管しておけば、資産へのダメージは最小限に抑えられるでしょう。その際には、すべてのウォレットのログを確認できる手段を用意しておくべきです。さもないとたまたま変な場所に置いたり、さらにはどこに置いたかわからなくなるウォレットも出てきてしまうでしょう。 

5. プレイベートキーは複数のバックアップをもとう

上記とも関係あるのですが、常に複数のバックアップを備えて下さい。しかしながら、仮想通貨を保管するためのよいバックアップを備えるのは少しむずかしいものです。明らかに、クラウドのような中央集権的なサービスに仮想通貨を保管すべきではありません。仮想通貨の分散的な目的からは外れてしまいます。さらに、そのサービスがハッキングされた際には、あなたの仮想通貨の安全に関してできることはなにもなくなります。

よい方法としては、プライベートキーとシードフレーズのバックアップをオフラインで保存しておくことです。シードフレーズとはプライベートキーから作られた24の文字のことです。プライベートキーのセキュリティを強化するために、シードフレーズは複数のデバイスや場所に保管しておきましょう。

6. 強固なパスワードを使おう

他では使用していない、できるだけユニークな複雑なパスワードを使用しましょう。完全にユニークでランダムなパスワードを生成するオンラインのパスワード生成サイトがあります。複数の交換所を使うときは、それぞれ違ったパスワードを使用するようにしましょう。 

パスワードがハッキングされないようにするためには、印刷して、金庫に保管し、コンピューターからその足跡を消してしまうのがベストです。この方法で、物理的なコピーを紛失したり破棄したりしてもひとつ以上のバックアップがあることになります。複数のコピーを作成し、どこか離れた、安全な場所に保管することを検討すべきです。

7. セキュアなネットワークを使おう

公衆回線で仮想通貨の送金やトレードをするべきではありません。公衆Wi-Fiでは、やろうと思えばだれでもあなたのネット上の活動にアクセスしたりのぞいたりできるのです。ハッカーやそれに類した者たちに不正アクセスされないようにするには、有名で定評のあるVPN(仮想専用回線)ソフトを購入して、すべてのデバイスにインストールしましょう。あなたのネット上のアクセスを暗号化することで、さらなるセキュリティをもたらしてくれます。

8. イカサマやペテンに注意しよう

ハッキングや侵入だけが、仮想通貨の投資におけるセキュリティ問題ではありません。毎年、数百から数百万もの通貨が詐欺や偽のICOによって奪われているのです。偽のWEBサイトやICOの申込みには常に目を光らせて下さい。正しいURLであることを確認するには、トレードに使っているサイトをブックマークしておくのがよいでしょう。フィッシングサイトに警告を出す、ブラウザの拡張機能は簡単にダウンロードできます。

詐欺師に騙されないように、その 手口や手段 についてよく勉強して下さい。ネットにいるだれかと取引しようとする前に、きちんと調査したかどうか確認して下さい。もっとも簡単なルールは、だれかに投資案件を紹介されたときに、「これは出来すぎなので、危険だ」と考えることです。 

9. ターゲットにならないために

馬の目の前にニンジンをぶら下げておけば、遅かれ早かれ馬は食べてしまうものです。仮想通貨の流行にともない、サイバー犯罪はかつてないほど勢いに乗っています。ライオンが獲物を付け狙うように、ハッカーは次の餌場を探して、目を光らせ、サイトに侵入口を設けようとしているのです。仮想通貨のインフルエンサーのネットワークの中で息を潜め、収入と利益について口を滑らしているようなひとを狙っているのです。 

考えてみると、往来で自分の家にある資産についておおっぴらに話す人はいませんよね? 常識として、ネットのどこででもあまたの投資や利益について話すことは避けて下さい。さもないとサイバー犯罪者を招く事態になりかねません。

仮想通貨の未来の光

オフラインであれオンラインであれ、あなたの資産はあなたが守らなければなりません。うっかりセキュリティ上の問題が発生しても、 ダメージを最小限に抑えたり、完全に防いだりするようなさまざまな安全なリスク管理の戦略と仮想通貨のセキュリティ問題に対する解決策があります。  

仮想通貨は決済の主要な産業として存在していますし、また将来的にもそうあるでしょう。そのため、社会に受け入れられるにつれ、さまざまな課題に直面し、またその解決策を生み出し続けることでしょう。これらの道のりは、洗練されたエコシステムに進化した後の、約束された輝かしい仮想通貨の未来を奪うものではありません。


                                       Bitcasinoでたくさんのゲームを遊ぼう!

                                        登録はまだ? ほんの20秒で今すぐ登録!

あなたの仮想通貨を守る9つの方法