ビットカジノブログ

仮想通貨

Coincheckでの仮想通貨の買い方を詳しく解説

カテゴリー
Coincheckでの仮想通貨の買い方を詳しく解説

Coincheckでの仮想通貨の買い方を詳しく解説

Tue Mar 22 2022 01:00:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

マネックスグループが運営する「coincheck」での仮想通貨の買い方を解説します。シンプルな画面と操作感の良さが特徴なので、初心者でもすぐに慣れることでしょう。


仮想通貨でプレイしよう

ビットカジノで仮想通貨で賭けて、勝って稼ぎましょう。何千ものゲームからプレイすることができます。


Coincheckでの仮想通貨の買い方は2種類

coincheckでは「販売所」と「取引所」での2種類の購入方法があります。

販売所での購入

「販売所」はcoincheckを相手に仮想通貨の売買をするサービスです。購入する場合には、coincheckが保有するものを買うことになります。

仮想通貨を売却する際も、この販売所でcoincheckに売ることができます。すぐに取引できるので、初心者におすすめの方法です。

販売所での購入手数料はありませんが、「スプレッド」という手数料が発生します。たとえば1BTC(ビットコイン)の購入価格が100万円に対して売却価格が98万円であれば、2万円の差額がスプレッドであり販売所が手数料として受け取ります。

このスプレッドは業者それぞれが独自に設定しています。

取引所での購入

「取引所」はcoincheckのユーザー同士が仮想通貨の売買をするサービスです。ここでもスプレッドがcoincheck側の手数料として発生します。ユーザーの売り注文と買い注文がマッチングすれば売買が成立する仕組みなので、取引に慣れてから利用するとよいでしょう。

取引所での売買はiPhoneとAndroidのアプリでは利用できません。そこでブラウザからサービスページでログインする必要があります。

coincheckの販売所での買い方

まずはcoincheckの販売所での仮想通貨の買い方を説明します。

販売所を開く

coincheckにログインしメニューから「販売所(購入)」を選びます。

すると次のような画面が開きます。

購入する仮想通貨を選ぶ

販売所の画面に購入できる仮想通貨がリストアップされています。全部で16種類あるので、coincheckではこの16種類を売買できるということです。

この中から購入したい仮想通貨を選びましょう。この画面ではBTC(ビットコイン)になっていますが、ETH(イーサリアム)を選ぶと次の画面に変わります。

取引画面の見方

ここで取引画面の情報をチェックしておきましょう。ETHのケースで見てみます。

「ETH」の右に「+3.02%↑」とありますが、これは前日の価格に対して3.02パーセント高い価格であることを表しています。

次に「数量」とありますが、ここに購入する仮想通貨の数量を入力します。「100」とありますが、「50」と変えてみましょう。

「合計」の金額が変わっています。これは「50ETH」を購入するのに必要な金額で単位はJPY(日本円)です。交換する通貨が「JPY」となっており、その下にイーサリアムのレートが「322160ETH/JPY」となっています。

これはレートが1ETH=322,160円であることを示しています。

もし日本円ではなくビットコインで購入するのであれば、交換する通貨を「BTC」に変更できます。

同じようにビットコインでのレートと価格が表示されます。

数量を入力して購入する

購入する仮想通貨と決済する通貨を選択したら、あとは必要な数量を入力して「購入する」をタップすれば完了です。すぐにアカウント口座に仮想通貨が反映されます。

このように販売所では、その時のレートですぐに仮想通貨を購入できるのが特徴であり利点となります。

ただしレートは常に変動しているので、購入するタイミングには注意しましょう。たとえば先ほどのイーサリアムの画面は、次のように変化しています。

少し安くなっていることがわかります。

coincheckの取引所での買い方

次に「取引所」での仮想通貨の買い方を説明します。

coincheckの取引所を開

coincheckの取引所はブラウザから次のアドレスを開けばアクセスできます。

https://coincheck.com/ja/exchange

これは「板」と呼ばれるもので、価格に対する売り注文と買い注文が表示されています。真ん中の売値と買値で取引が成立します。さらに画面を下げてみます。

これが注文画面です。さらに下へスクロールすると、過去のチャート(値動きのグラフ)を確認できます。

このように期間を選択すれば短期から長期の値動きをチェックできます。

注文画面の見方

画面右上に「BTC(ビットコイン)」とあります。ここをタップすれば、取引できる仮想通貨のリストが出ます。

coincheckではこの5種類の仮想通貨を取引所で扱っていることがわかります。次に「レート」「注文量」とありますが、ここに注文する仮想通貨のレート(価格)と必要な数量を入力します。

レートの入力方法

まずはレートに数字を入力しましょう。先ほど「板」について少し説明しましたが、ここに現在取引されているレートとユーザーが発注している注文量が表示されています。もう一度チェックしてみましょう。

激しく動いていることがわかります。つまり真ん中のレートで購入するのは難しいということです。価格の単位はJPY(日本円)となっています。

この板で表示されている価格のうち、安い価格で注文すると下のほうに表示されます。値下がりしていれば売り注文とマッチングして購入できますが、値上がりしているとなかなか売買が成立しません。

そのため、板の値動きを確認してレートを決める必要があります。

買い注文を入れる

取引所での注文の仕組みについて理解したところで、実際に発注してみましょう。まずはレートを入力します。先ほどの板では「4,683,333円」で取引が成立していたので、「4,690,000円」としてみます。

数量は「1」としてみましょう。

ここで「買い」をタップすれば発注完了です。もう一度、板を見てみましょう。

467万円を下回っているので、この注文はすぐに約定し購入できることになります。もし460万円ほどで注文し、そこまで価格が下がればその価格で購入できます。

まとめ

coincheckは画面がシンプルで見やすいので、慣れれば簡単に注文できると思います。取引所で扱っている仮想通貨の種類が少ないのですが、購入する仮想通貨が決まっているのであれば使いやすいサービスだと言えます。


アカウントを作成

Coincheckでの仮想通貨の買い方を詳しく解説