Bitcasino 博客

投注贴士

ルーレットはラブシェール法で攻略?

ルーレットはラブシェール法で攻略?

6/21/2019

ルーレットに必勝法はあるのでしょうか?答えは簡単で、「ありません」。身も蓋もない話ですが、そんなものがあればカジノが商売として成り立たなくなってしまうので当たり前なのですが(ブラックジャックなどごく一部の例外もありますが)。

そうは言っても、ルーレットはやはりカジノゲームの王道を行く定番ゲームです。Bitcasino.ioではライブディーラーゲームも含むあらゆる種類のルーレットが用意されているので、ルーレットセクションを眺めているだけでプレイしたくてウズウズしてしまうのも納得です。では、必勝法とは言わずとも、賢くルーレットをプレイする方法はあるのでしょうか?これも微妙なトピックなのですが、答えは「ないことはない」といったところでしょうか。

ラブシェール(Labouchere)法は一定の規則に基づいて賭ける「ベッティングシステム」の一種です。ベッティングシステムとは何百年にもわたり数学者によって研究されてきたギャンブル攻略法とでも言うべきもので、細かく分ければ数百もの種類があると言われています(某漫画で有名な「倍プッシュ」もこれの一種にあたります)。「アメリカンプログレッション」や「スプリットマーチンゲール」とも呼ばれるラブシェール法は多少複雑ながらギャンブラーの間では昔から有名で、大負けをすることなくコツコツ勝っていくという、どちらかというと守り重視の賭け方です。配当が2倍になるゲーム向けに考案されたものなので、ルーレットの場合は主に赤/黒または偶数/奇数賭けだけに適用できるということになります。では、実際にどのようなものなのでしょうか?

ラブシェールが一般的なベッティングシステムと異なる点が、まず準備が必要であるということにあります。とは言っても何時間も研究や記録に費やすという必要があるわけではなく、ほんの数分で終わります。まずは紙とペンを用意し、整数だけが並ぶ数列を書きます。例えば1-2-3-4-5-6、または5-6-7-8-9-10-11-12といったものがわかりやすい例です。数字が小さく少ないほど必要な資金は少額で済み、逆は多く必要になります。いずれの場合も1ゲーム目は「数列の両端の合計」を賭け、勝ったら2ゲーム目は「浮いた額+数列の最初の数字」を、負けたら「1ゲーム目で賭けた数字を数列から除いた後の数列の一番外側の数字」を賭けていくというものです。

言葉だけで説明するには限界があるので実践例を示してみましょう。数列は1-2-3-4-5-6を使うことにします。1ゲーム目は1+6なので7単位賭けることになります。これがめでたく当たれば、元の数列の最後に7を足し、2ゲーム目は1+7で8単位賭けます。これも勝つことができれば3ゲーム目は9単位賭ける、といった具合に続きます。

では、負けてしまった場合はどうするのでしょうか?1ゲーム目で負けてしまったと仮定しましょう。その場合、外側の数字を消すので数列は2-3-4-5となり、2ゲーム目は2+5で7となるので再び7単位賭けることになります。

では、1ゲーム目と2ゲーム目で連勝して、3ゲーム目で負けてしまった場合は?その時点で数列は1-2-3-4-5-6-7-8となっているので、1と8を消して2+7となるので4ゲーム目は9単位賭けます。このように続けていき、数列の数字がすべてなくなったら再び同じ数列の初期状態から始めます。

ラブシェール法の最大の利点は資金管理に適しているということにあり、初期状態の数列のすべてを足したものが最大の負け額になります。そのため、アツくなりやすくすぐに倍プッシュしてしまう人などには向いていると言えます(途中で面倒くさくなってしまってラブシェールを投げ出してしまっては元も子もありませんが)。また、連勝すれば大きく勝てる要素も秘めているので、冷静に使いこなすことができれば賢くルーレットをプレイする助けになるはずです。Bitcasino.ioではRNG版に加えてライブディーラー版のルーレットテーブルが合計で数十種用意されています。賢くルーレットをプレイしてみては?


言葉: Sean McNulty

イメージ: Shutterstock


分类

现有帖子

史上最经典的五大扑克游戏胜利

史上最经典的五大扑克游戏胜利

3/25/2020
博客
投注贴士
ルーレットはラブシェール法で攻略?
Bitcasino 信息

Bitcasino.io由mBet Solutions NV (Kaya Richard J. Beaujon Z/N Landhuis Joonchi II Curaçao) 所有并进行经营。 其在库拉索岛政府于颁发的许可证1668 / JAZ下接受监管和运营 。

English日本語РуccкийPortuguês中文Español한국어DeutschFrançaisภาษาไทย