Relax Gaming

Money Train

money-train

デモプレイ

リアルモード

ゲーム統計

24時間87.92%
89.87%
78.51%

RTP

96.2%

ボラティリティー

高ボラティリティ

ペイライン

40

ヒット率%

18.87%

マネートレイン(Money Train)攻略ー初代マネトレも魅力十分!

ビットコインで遊べるオンラインカジノビットカジノのスタッフが、おすすめスロットをご紹介するスロットレビュー!今回ご紹介するのは、リラックスゲーミング(Relax Gaming)社からリリースされたスロットゲーム「マネートレイン(Money Train)」です!


今や大人気機種となった「マネートレイン2(Money Train 2)」の初代機となるマネートレイン。違いや、初代のほうが優れている点などをしっかりお伝えしていきます!

シンボル紹介/基本設定やシステム

5リール40ラインと、連続してシンボルがストップするタイプのシステムを採用しているマネートレイン。


やや古めかしい感じの絵柄は、クラシカルな印象を持たせます。そしてもうひとつ「BUY FEATURE」の文字が気になるところですが、こちらはのちほどご紹介いたします!


登場するシンボルは、低配当のトランプの数字モチーフシンボルが4種類と、好配当のマネートレインの主人公たちのシンボルが4種類。


更に、キャッターシンボル以外の代用となるワイルド(Wild)シンボルと、フリースピンとボーナスゲーム獲得のために必要なボーナススキャッター(Scatter)シンボルの合計10種類のシンボルが登場します。


ちなみにですが、ペイライン数は5リール4マスであることもあいまって40ペイラインとやや多めの設定となっています。特別な


また、シンボルが連結してストップするため、配当獲得時は1ラインではなく複数ラインに渡ることがほとんどです

ボーナス/フリースピン

ここでは、マネートレインの「マネーカート(Money Cart)ボーナス」についてご紹介していきましょう。

そしてマネートレイン最大の特徴そしてポイントである、最大50000倍配当と銘打つ「マネーカート(Money Cart)ボーナス」です。獲得条件は、1、3、5リールに、ボーナスシンボルを3個ストップさせることで獲得となります。


マネーカートボーナスは、通常のフリースピンなどとは異なり以下のルールにのっとってゲームが進行します。

基本ルールは初期スピン回数が3回となっており、このスピン回数は空いているマスにシンボルがストップすることによってまた3回までリチャージされます。つまりは、3回中1個もシンボルがストップしなかった場合、マネーカートボーナスは終了です。獲得したマルチプライヤー分が、クレジットに乗算されて払い戻されます。


また、マネーカートボーナス中は、マルチプライヤーが書かれたシンボルの他に特殊なボーナスシンボルがいくつか登場します。


Payer:自分に書かれたマルチプライヤーを、他のストップしたシンボルに加える

Collector:リール上にストップしている他のシンボルのマルチプライヤーをすべて合算し吸収

Winder:リールを最大2回まで拡張させる


Persistent Collector:毎スピンごとにCollectorと同じ効果を発揮する

Persistent Payer:毎スピンごとにPayerと同じ効果を発揮する

やはり注目なのは「Persistent」の2つ。


早い段階で登場すれば、それだけ多くの配当獲得につながります。演出の派手さも、配当への期待を大いに高めてくれます。

もう1点、非常に重要なのが、マネーカートボーナスは「フリースピン購入(BUY FEATURE)」をすることが可能です。


その購入額はクレジットの80倍。

安いとみるか高いとみるかは、プレイヤー次第といえるでしょう。

プレイの所感

ここからは、ライターが実際にプレイした所感をご紹介しましょう!

さて、マネートレインにおいて気になるのは「最高配当額が50000倍と倍以上の配当が見込める、マネートレインがあるのに、今更マネートレインをプレイする理由があるのか?」という点。実は明確に違う部分が2点存在し、それらが「マネートレインをプレイするメリット」ともなります

1点目が「BUY FEATUREの金額が、マネートレインより安い」という点です。マネートレインは80倍、マネートレインは100倍です。確かに、ボーナスシンボルの数や、最高配当は劣るかもしれませんが、20倍の差はかなり大きいといえるでしょう。

2点目が「最低ベット額が低い」という点です。マネートレインは最低ベット額が0.20からですが、マネートレインは「0.10」。

つまり、マネートレイン2では、BUY FEATUREを行うためには最低でもクレジットが「20」なのですが、マネートレインは「8」から購入可能ということです

そこまで予算が潤沢でないプレイヤーであってもフリースピン購入を楽しめるマネートレイン。こちらはこちらでオススメなんです!

まとめ

後継機のマネートレインがリリースされたことによって、注目はそちらに集まりがちですが、初代マネートレインにも、先ほどお伝えした「安価で楽しめる」という大きな武器があります。じっくりとマネートレインを楽しむもよし、もしも大きな勝利を手にしたら、さらにそれを元手に「マネートレイン」に挑むのもまた良いかと思います!

また「BUY FEATUREを試してみたい!」なんてプレイヤーの方にも、おすすめですよ!

マネートレインが好きなプレイヤーへのおすすめスロット

マネートレイン2(Money Train 2)

スイートボナンザ(Sweet Bonanza)

ガンバルトバトル(Ganbaruto Battle)

スペック

レイアウト:5-4

ペイライン:40

ペイアウト率:96.2%

分散:HIGH

最大勝利:20000

ベット数:0.1~50