ビットカジノブログ

スロット

2019 WSOP(ポーカーワールドシリーズ)最新情報

2019 WSOP(ポーカーワールドシリーズ)最新情報

7/14/2019

7月16日のメインイベント優勝者決定をもって、今年のWSOP(ワールドシリーズ・オブ・ポーカー)も無事閉幕しました。

50周年記念となった今大会の開催トーナメント数90は史上最多、メインイベントの参加者数8569人と優勝賞金$1000万はともに歴代2位という華々しいものとなりました。

メインイベントチャンピオンのHossein Ensanはイラン出身のドイツ人で、拡大し続けるポーカーの国際化も見て取れます。同イベントではナワ ヒロキさんが25位に入り、WSOPメインイベントとしては日本人歴代最高順位を記録しました。他の89イベントを見渡してみても、韓国やナイジェリア、スリランカなどを含む実に20カ国から優勝者を出しています。

国政府によるオンラインポーカー規制の余波(と言っても10年以上前のことですが)で残念ながらメインイベントの参加人数は歴代1位にはわずかに及びませんでしたが、それでも拡大し続けるポーカーの人気には目を見張るものがあります。特に今年は50周年ということで開催元のシーザース・エンターテイメントも力を入れ、いくつかの新しいトーナメントが追加されました。

まずはバイイン$500のノーリミット・ホールデムで、こちらは総額$500万と優勝賞金$100万ドル保証を銘打ったところ28371人もの参加者が集い、ライブトーナメントとしては過去最高人数が参加するものとなりました。激闘の末、ナイジェリア人のFemi Fashakinがブレスレットと賞金$114.7万を手にしています。

メインイベントに次ぐ目玉イベントとなった$5万バイインの50周年記念ハイローラー・ノーリミット・ホールデムは参加費だけでベンツが買えてしまうほどなのでさすがに人数も少なかったのですが、それでも英国人のBen Heathが最後は110人分のチップをすべて集め、$148.4万ともちろんブレスレットも手にしています。

2ヶ月弱の間に90のトーナメントが開催された今年のワールドシリーズだけで優勝賞金$100万を超えたものは10もあり、その他もほとんどが$10万を超えているのを見てもわかるとおり、ポーカーはもはやゴルフやテニスの人気を超えたと言っても過言ではないのかもしれません。

そんな中、bitcasino.ioではTexas Hold’em Pokerでポーカーの練習をすることができます。他のプレイヤーとは対戦せずにディーラーと一騎打ちするスタイルのゲームなので、初心者も安心してテキサスホールデムのルールを覚えながら手の強さなども研究することができます。来年のワールドシリーズを目指してみては?


言葉: Sean McNulty

イメージ: Shutterstock


カテゴリー

最近の投稿

カルダノについて知っておくべきこと

カルダノについて知っておくべきこと

3/27/2020
ブログ
スロット
2019 WSOP(ポーカーワールドシリーズ)最新情報
English日本語РуccкийPortuguês中文Español한국어DeutschFrançaisภาษาไทย