ビットカジノブログ

テーブルゲーム

日本人のポーカープレイヤー

日本人のポーカープレイヤー

11/13/2018

カジノの公式開設に伴い、日本はラスベガスとマカオに続いて世界第3位のカジノ市場となる可能性を専門家は予測している。そこで、日本代表として成功しているプロポーカープレイヤーを紹介していこう。

東京在住の木原直哉は、ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)のブレスレットを獲得した初めての日本人として知られている。PLO 6ハンデッドでの優勝賞金は50万ドルを上回り、マネーリストにおける日本人の順位を急上昇させた。彼はポーカーを始め、バックギャモンと将棋にも精通している。

大阪在住の中井孝浩は、2015年WSOPでブレスレットを獲得した。46年の歴史の中で、ポーカーで最も権威ある賞を受賞した2番目の日本人となった。中井はオンラインでポーカーに初めて出会い、数年前からコンピューターでのプレイを始めたばかりだ。

近年、日本では何人かの男性プレイヤーが輝きを放っているが、日本一の女性プレイヤーとなると石田有里が筆頭候補だ。彼女が最初に脚光を浴びるのは2012年にWSOPメインイベントで440位に入賞してからである。すでにAPTサーキットで数勝、ACOPイベントで2位を獲得している彼女は、23万3000ドル以上を獲得している。 GPIは彼女を日本で4位、世界で822位にランクした。

日本女子ポーカーチャンピオンの佐藤友香は、Everest Pokerの2008年Live the DreamイベントでEverest Pokerチームの一員に選ばれて一世一代の機会を得た。佐藤はEverest Pokerのアジア大使に数千人の中から選ばれ、2008年3月から2009年3月までのすべての主要なポーカートーナメントに日本代表として参加した。また世界最大のポーカートーナメントでもプレイする機会を得て、 WSOPでは25,090ドルを獲得して大成功を収めた。彼女は2006年にエベレストポーカーで初めてポーカーを始め、最初の1年で9万ドル以上を獲得した。 さらに2007年5月にはライブポーカートーナメントである全日本ポーカー選手権に参加し、レディストーナメントで優勝した。

日本ではライブポーカーでお金を賭けることはできず、景品や表彰で満足するしかない。オンラインでは実際に現金でのプレイができるので、Bitcasinoで納得いくまで練習を積んでプロプレイヤーを目指そう!


言葉: Sean Mcnulty

イメージ: PA

カテゴリー

最近の投稿

カルダノについて知っておくべきこと

カルダノについて知っておくべきこと

3/27/2020
ブログ
テーブルゲーム
日本人のポーカープレイヤー
English日本語РуccкийPortuguês中文Español한국어DeutschFrançaisภาษาไทย