ビットカジノブログ

仮想通貨

TRON(トロン) - ギャンブルのための仮想通貨?

TRON(トロン) - ギャンブルのための仮想通貨?

9/4/2019

ビットカジノで使える仮想通貨に新しく、TRON(トロン)が加わりました!ビットコインやイーサリアムほど知名度がないTRONですが、特にオンラインギャンブルには便利な仮想通貨なのです。今回はその理由と、TRONとは何かということを解説していきましょう。


ブロックチェーンの基礎知識

ビットコインやイーサリアムといった他の仮想通貨プラットフォーム同様、TRONもブロックチェーンと呼ばれる連続するトランザクション(取引)記録の上に成り立っています。トランザクション記録はブロックと呼ばれ、ブロックには初めてのトランザクションから最新のものまで、すべてのものが記録されます。記録内容はトランザクションが発生した秒単位の日時、額、アカウント情報、そしてブロックによって異なるハッシュコードです。

各ブロックにはパブリックデータとプライベートデータが記録されており、パブリックデータは誰でもアクセスが可能です。反面、プライベートデータは暗号化されており、トランザクションを行った本人だけが知りうる情報はこちらに記録されます。TRONで行われるすべてのトランザクションも同様に扱われ、仮想通貨であるTRXの送金・受け取りにはパブリックデータを解読するためのプライベートキーが必ず必要なのでこれによって取引の安全性が保障されることになります。

そして他の仮想通貨同様、TRONも分散化されています。中央管理者を置く代わりに世界中に散らばるTRONコミュニティーの人々のコンピューターによってすべてのトランザクションが記録されていくという仕組みです。これによって管理者に操作されることなく、またハッキングやデータの改ざんもされることがない通貨となりえるのです。


TRON創設者ジャスティン・サン

TRONプラットフォームは中国人のジャスティン・サンによって考案され、2017年に運用を開始しました。ジャスティン・サンは北京大学で歴史学の学位を取得した後、アイビーリーグのペンシルバニア大学で政治経済修士号を取得しており、2013年には仮想通貨取引ネットワークであるRipple(リップル)の中国代表を務めています。

その後26歳になった2015年にはアリババの創業者であるジャック・マーが創設したビジネスエリートのみが入学を許される湖畔大学の最年少1回生としてマー氏直々に選ばれています。2017年にはフォーブス誌アジア版で「注目の30歳未満の30人」として特集されました。サン氏は現在、PEIWO、TRON、BitTorrentのCEOを務めています。


TRON、そしてTronixとは?

TRONは厳密にはプラットフォームの名称で、その仮想通貨はTronixで略称がTRXです。現在、エンターテイメント業界は大きく変貌を遂げており、FacebookなどのSNSやYouTubeを媒体に個人で活動するものが多くなってきました。そこにジャスティン・サンは注目し、中間搾取が存在しないエンターテイメント用プラットフォームとしてTRONを開発しました。オンラインカジノもエンターテイメント業の一種なのでこの構想に含まれるわけです。

そして2017年9月にICOが実施されたTRXですが、わずか30分で完売してたちまち人気銘柄となりました。元々イーサリアムブロックチェーン上につくられたトークンでしたが、その後2018年6月にメインネットへと移行し、現在は自前のネットワークをもつ通貨となっています。

2019年現在、TRONのアカウント数は370万、ブロックチェーンのブロック数は1330万を超えており、その安全性と効率性によって毎日220万ものトランザクションを可能にしています。


TRONの特徴

TRONはシンガポールのTRON財団によって開発されており、「公正でオープンなネットワーク運用」を目的としています。シンガポールの企業規制当局であるACRAの承認を得ているので、信頼性と安全性は保障されていると言えます。

また、TRONはその高パフォーマンスで知られています。TRXは毎秒2000のトランザクション処理が可能で、BTCが3~6、ETHが25であることを考えるとその差は歴然です。また、専用のウォレットを使えば手数料が無料になることも大きな特徴です。


TRONとオンラインギャンブルの関係

創設者のサン氏がそもそもゲーム、特にギャンブル性のあるものが好きだと公言しています。サン氏だけでなくTRON財団もまた、オンラインギャンブル業界への参入を公表するだけでなく実行に移しており、すでにブロックチェーンベースのオンラインゲーミングを開発するためのTron Arcadeへ$100億の出資を約束しています。このプロジェクトの将来の規模に関する試算は目覚ましく、ネットギャンブル業界でTRXがBTCを追い抜く日も近いと期待されています。

そもそもTRONはDApps(分散型アプリケーション)の開発に手広く使われており、中でもオンラインギャンブル用のものが人気となっています。毎週約20の新作がリリースされていて、TRONネットワーク全体では64%のDAppsがギャンブルに関連したものとなっています。TRON創設以来のトランザクション総額はなんと、$10億を超えているとのことです。

TRONチーム自身もTRON diceというゲームを開発しました。TRONブロックチェーン上でリリースされたサイコロを使ったこのゲームは、1から100までの数字をプレイヤーが選び、ゲーム内蔵のRNG(乱数発生器)が当たりの数字を吐き出すというものです。オッズによってプレイヤーにはTRXトークンが支払われというシンプルなものです。ゲームはTRXの個人用ウォレットに直結しているのでベットも払い戻しも瞬時に完結し、プレイヤーはいつでも気軽に遊べるというわけです。

TRON diceはTRONbetというDApps上のゲームのひとつで、TRONbetにはスポーツブックもあります。TRONネットワークで発表された最初のDAppsとなったTRONbetは初日だけで1万人ものユーザーが訪問し、たちまち大人気となりました。開始から21年ほどとまだまだ歴史が浅いTRONbetですが、ダイスとスポーツブックを併せてすでに30億TRXを勝利金として払い戻しており、これは$6千万にも相当する額です。


ビットカジノでも使えるTRON

TRONでのギャンブルはなにも、TRONbetだけでしかできないというわけではありません。ビットカジノでも利用可能通貨として追加されたので、入金、出金はもちろん、TRONでそのままプレイすることが可能なのです。ビットカジノでTRONを使うにはまずTRONを入金しなければなりません。TRONの入金は非常に簡単で、まずはキャッシャー画面[YR1] へ行き、「⊕新しく追加」をクリックしたらTRXを選択するだけです。ビットカジノでの最低入金額は100 TRX、最低出金額は200 TRXで、ビットコインとは違い、取引手数料がかかりません。

入金が完了したらStarburstGonzo’s QuestMega Moolahといった有名プロバイダーの大人気スロットがTRXでプレイできてしまうのです。もちろんプレイできるゲームはスロットだけではなく、Golden Chip RouletteSpeed Baccarat、少し風変わりなDr Fortuno Blackjackなどのテーブルゲームも遊べます。Monopoly LiveのようなライブディーラーゲームもTRXでそのままプレイ可能です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?何千という仮想通貨があふれる中、TRONはエンターテイメント業界ではすでに大人気となりつつあり、今後も成長し続けることが見込まれています。手数料も無料のこの仮想通貨で、ビットカジノの数あるゲームに挑んでみては?TRXはBinanceやLiquiといった取引所で購入できます。

カテゴリー

最近の投稿

カルダノについて知っておくべきこと

カルダノについて知っておくべきこと

3/27/2020
ブログ
仮想通貨
TRON(トロン) - ギャンブルのための仮想通貨?
English日本語РуccкийPortuguês中文Español한국어DeutschFrançaisภาษาไทย