ビットカジノブログ

仮想通貨

クリプトトークン vs コイン:同じさやの中にある2つの異なるエンドウ豆

カテゴリー
クリプトトークン vs コイン:同じさやの中にある2つの異なるエンドウ豆

クリプトトークン vs コイン:同じさやの中にある2つの異なるエンドウ豆

Tue May 31 2022 08:00:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

デジタル時代は、多くの人々が共通の利益のために素晴らしいものを開発するよう後押ししてきました。その1つが、商品やサービスの交換媒体として機能するデジタル通貨、仮想通貨です。仮想通貨はブロックチェーンとして知られる公開台帳で運営管理され、ユーザーによって行われたすべての取引は追跡することができます。


仮想通貨でプレイしよう

ビットカジノで仮想通貨で賭けて、勝って稼ぎましょう。何千ものゲームからプレイすることができます。


ビットコインは、1番最初の仮想通貨として知られています。ビットコインの登場後、イーサリアム、ライトコインなど、多くの仮想通貨が市場に登場しています。しかし、多くの人が知らないのは、仮想通貨はトークンとコインの2種類に分けられるということです。これらは、互いに近い類似性を持っていますが、機能が異なります。この記事を読み進めて、クリプトトークンとコインの違いを学びましょう。

クリプトトークン vs コイン:その違いは何?

「どちらも価値を持つものなので、クリプトトークンとコインは同じだ」と考えるのは一般的な誤解です。すべてのクリプトコインはトークンであると思われがちですが、実際には違います。コインとトークンの違いは、その運用と使い方にあるからです。

トークン vs コイン: クリプトコインとは?

2010年のビットコインの登場により、仮想通貨 (クリプトコイン) の基準や定義が定まりました。それらは、3つの要素に分けることができます。

  1. クリプトコインはブロックチェーン上で動作する

ブロックチェーンは、コンピュータのネットワーク間で共有される公開分散型台帳です。ここでは、すべてのユーザーが、どんな時間に発生したトランザクションでも見ることができるオンラインデータベースとなります。さらに言えば、この技術は、資産を管理し、取引を仲介する中央集権的な第三者を排除するために作られたものです。

中央集権的なシステムでは、セキュリティが低下し、違反、盗難、改ざんなどが発生しやすくなる可能性があります。この問題の解決策として、ブロックチェーン技術は、個人が自分のファイナンスに直接アクセスし、コントロールできるようにするために作られたものです。

ブロックチェーンの仕組みとは?

ブロックチェーンは、その名前が示すように、複数のブロックから構成されており、それぞれのブロックには、すべてのユーザーの取引のデジタルデータが保存されています。ブロックチェーンの構成員である誰もが、これらの取引を承認する責任を負っています。

.ブロックチェーン技術は、分散化だけでなく、すべての取引がチェックされずに行われることを防ぐために作られたものです。この公開台帳にアクセスできる誰もが、仮想通貨のすべて取引を認証することが求められます。さらに、すべてのブロックにハッシュと呼ばれるスタンプが保存され、システムのセキュリティをさらに強化しています。ハッシュとは、1つのブロックに保存された取引に関する情報を含むコードです。誰かがこれをハッキングするには、すべてのブロックのハッシュを照合する必要がありますが、それには長い時間がかかるため、実際に行うのは、不可能です。

  1. クリプトコインは法定通貨の代わりの通貨として機能する

ビットコインは、さまざまなビジネスやプラットフォームから商品やサービスを購入するための法定通貨の代わりとして作られました。ここでは、クリプトコインをどのような用途に使用できるかをご紹介します。

  • オンラインカジノでの賭け事
  • テクノロジーや電子商取引製品
  • 宝飾品や時計などの高価なアクセサリー
  • ニュースメディアの購読
  • 生命保険の資金調達

他にも、多くの企業が支払い方法として仮想通貨を受け入れ始めています。さらに、エルサルバドルでは、米ドルとは別にビットコインが公式通貨となりました。ビットコインの透明性と匿名性は、デベロッパーたちに影響を与え、幅広いユーザーに対応できる仮想通貨の開発を促しました。

  1. すべてのクリプトコインは採掘可能

マイニング(採掘)とは、複雑な数学的パズルを解くことによって新しいコインを鋳造し、仮想通貨を獲得するプロセスのことです。マイナーと呼ばれる人たちが、ブロックチェーンにデータを追記する前に取引を承認します。その作業の見返りとして、マイナーたちは仮想通貨を受け取ります。

クリプトコインを採掘する方法には、Proof of WorkとProof of Stakeの2種類あります。

Proof of Work (プルーフ・オブ・ワーク)

この方法では、ブロックチェーンに新しいブロックが提案されると、マイニングプロセスが始まります。そこから、最新のブロックのヘッダーと一度だけ使用される番号(nonce)を組み合わせて、新しいブロックのハッシュを作成します。その後、マイナーは包括的な数学的パズルの答えを見つけなければならず、正しい計算結果は、プルーフ・オブ・ワークとして機能することになります。

得られたハッシュがターゲット以下であれば、マイナーは計算に成功したこととなり、報酬としてクリプトコインを受け取ることができます。一方、ハッシュ値がターゲットより大きい場合、マイナーは計算を繰り返すように促されます。

Proof of Stake (プルーフ・オブ・ステーク)

Proof of Stakeは、Proof of Workでの電力の使いすぎ問題を解決するために生まれたもう1つのマイニング方法です。Proof of Stakeでは、ブロックチェーンに多くのマイナーが参加する代わりに、ステーキングによって検証者 (バリデーター) を制限します。ブロックチェーン内のユーザーは、マイニングしたい仮想通貨ををステーキングする必要があります。

ステーキングの後、仮想通貨のProof of Stakeプロトコルが、新しいブロックを検証するノードを選びます。検証と計算が正しければ、ブロックはシステムに追加され、ユーザーは新しく採掘されたクリプトコインを受け取ることになります。


今すぐビットカジノに登録しよう

クリプトトークン vs コイン:トークンとは?

トークンは、あなたが所有しているものを表すデジタル資産です。クリプトトークンに価値はあるのでしょうか?トークンはコインになるのでしょうか?以下のセクションを読み進めて、これらの疑問に対する答えを見つけましょう。

  1. トークンにはブロックチェーンがない

コインと比較すると、クリプトトークンには独自のブロックチェーンがありません。その代わり、トークンは他のブロックチェーン上に存在します。例えば、イーサリアムのブロックチェーンは互いに異なる多くのトークンをホストしています。

クリプトトークンはスマートコントラクトに依存する

コインがブロックチェーンを通じて取引を処理するのに対し、クリプトトークンはスマートコントラクトを使用します。これは、「if-then」ステートメントとして表示されるコードの行で、2つの当事者間の合意を示すものです。両者がすべての条件を満たした場合、取引または所有物の交換が行われます。

  1. コインとは異なり、クリプトトークンはある場所から別の場所に移動することができる

誰かがクリプトコインを交換したり購入したりすると、その人のアカウント残高が変化します。一方、クリプトトークンの交換は、所有権が変わったことを示すための物理的な動きを伴います。この概念を説明するには、非代替性トークン(non-fungible token)について知ることが一番です。

non-fungible token(NFT)って何?

non-fungible token (NFT) はイーサリアムブロックチェーンに存在するトークンです。NFTの所有することはデジタル所有権を表します。非代替性 (non-fungible) という言葉は、所有しているものを表すのに使われ、そのユニークな特性から他のアイテムと交換することができないモノのことを指します。例えば、革張りのソファとノートパソコンは、個々が全く異なるものであるため、単純に交換することはできませんね。

NFTの多くはデジタルアート作品の形で提供されおり、アーティストやコンテンツクリエイターに安定した収入をもたらし、知名度の向上に寄与しています。最も一般的なものは、eスポーツ業界におけるNFTトレーディングカードです。NFTを所有するには、あなたと現在の所有者の間で発生するスマートコントラクトに合意する必要があります。両者が条件に同意すると、NFTの所有権は、物理的にあなたに移ります。ブロックチェーン上の誰もが、このデジタル資産があなた名義になったことを知ることになります。

  1. トークンは資産と証明書を表す

コインが所有能力を示すものであるのに対し、クリプトトークンはデジタル資産や証明書として、あなたが何を所有しているかを示すものです。貴重なトークンを購入する方法として、クリプトコインを使用することができます。

クリプトトークン vs コイン:類似点と相違点のまとめ

クリプトトークンとコインの間の違いは、それぞれのユニークな特徴を知った今、より明確になったでしょう。どちらにも価値があり、仮想通貨業界において重要なものです。どちらかを所有することで、資産やその価値を増やすことができますよ。ということで、次に、仮想通貨市場で投資すべきベストトークンとコインが何なのか確認しておきましょう。

ベストクリプトコイン一覧

次のセクションを読めば、ベストクリプトコインと市場価値を知ることができます。

  1. ビットコイン

ビットコインは、市場初の仮想通貨です。その開発者であるサトシ・ナカモトは、2009年1月にこのデジタル通貨を一般に公開しました。コインはすべてデジタルで、物理的な形は存在しません。さらに、ビットコインはブロックチェーンを使って取引を記録しています。

現在、1ビットコイン(BTC)の価格は42,023ドルに相当します。取引所サイトでBTCを購入し、ビットコイン投資を始めましょう

  1. イーサリアム

ビットコインと同様に、イーサリアムもブロックチェーン上で動作する仮想通貨です。このシステムは複数のコンピュータに存在していて、いかなる変更も関係するすべてのユーザーとの過半数の合意が必要です。イーサリアムのネイティブコインはイーサまたはETHと呼ばれ、現在の価格は1ETHが3,171.10ドルに相当します。

イーサリアムのブロックチェーンの特徴は、分散型アプリケーションやdAppsを作成するために使用できることです。これは、1台のコンピュータに依存するのではなく、複数のコンピュータのブロックチェーン上で動作するデジタル・アプリケーションです。そのため、単一の事業体のコントロールから解放されます。その上、dAppsには、ユーザーのプライバシー保護、検閲の欠如、開発の柔軟性などのメリットがあります。

  1. ライトコイン

2011年、Charles 'Chalie' Leeはビットコインのオープンソースコードを使用してライトコインを作りました。ライトコインはビットコインとは異なり、ブロック生成速度が速いのが特徴です。また、ライトコインはScryptをProof of Workスキームとして使用しています。最盛期には、このコインは常にBTCのライバルとなり、Coin Market Capで第3位となりました。その後、クリプトコインの飽和によりその人気は衰えたものの、依然として、主要コインの1つです。

.現在、1ライトコイン(LTC)は108.06ドルに相当します。

ベストクリプトトークン一覧

クリプトトークンに興味があるならば、あなたの時間とお金を投資できるトップオプションをチェックしてみてください。

  1. Tether (テザー)

テザー(USDT)は、イーサリアムとビットコインの両方のブロックチェーン上で動作するクリプトトークンの一種です。価値を外部基準に固定化するデジタル通貨であるステーブルコインの一形態でもあります。テザーの場合、その価格は1ドルに連動(ペッグ)しています。

  1. Uniswap (ユニスワップ)

Uniswapは、デジタル資産を取引できる人気の分散型取引所プラットフォームです。このシステムはイーサリアム・ブロックチェーン上に存在し、UNIホルダーがそれを管理しています。スマートコントラクトの流動性プールを提供するよう、この取引所プラットフォームは自動マーケットメーカー(AMM)モデルを使用しています。現在、1UNIは29.77ドルに相当します。

  1. Chainlink (チェーンリンク)

Chainlinkは、非ブロックチェーン企業が他のブロックチェーンプラットフォームと接続するためのプラットフォームです。いわば、スマートコントラクトと外部データをつなぐミドルウェアのような役割を担っています。その上、LINKとして知られるそのネイティブ通貨は、Chainlinkのネットワークオペレーターに報酬を与えるために使用されています。とりわけ、Chainlinkはイーサリアムブロックチェーン上で動作し、1LINKは14.91ドルに相当します。

クリプトトークン vs コイン:両方持つべき?

結論から言うと、クリプトトークンとコインの両方を持つことが理想的です。将来、今保有するものの価値が10倍になる時がきっと来るので、デジタルで資産を構築した方が良いのです。トークンやNFTは、唯一無二であり、複製ができません。

コインやトークンに投資することは素晴らしいことですが、どれを保有する価値があるのかを、賢く選択することも忘れないでください。そうすることで、その価値が高騰し、長い目で見たときに利益を得ることができるのです。

Words by: Leira Lacuata


アカウントを作成

クリプトトークン vs コイン:同じさやの中にある2つの異なるエンドウ豆