ビットカジノブログ

仮想通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)での仮想通貨の買い方を解説

カテゴリー
bitFlyer(ビットフライヤー)での仮想通貨の買い方を解説

bitFlyer(ビットフライヤー)での仮想通貨の買い方を解説

Mon Mar 21 2022 01:00:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

仮想通貨の取引ができるbitFlyer(ビットフライヤー)は国内でのビットコイン取引量がもっとも多い暗号資産取引所です。このbitFlyerでの仮想通貨の買い方を詳しく説明します。


仮想通貨でプレイしよう

ビットカジノで仮想通貨で賭けて、勝って稼ぎましょう。何千ものゲームからプレイすることができます。


bitFlyerで仮想通貨を買う前に知っておくこと

まずbitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨(暗号資産)を買う前に知っておきたいことをまとめます。

bitFlyerのアカウントが必要

bitFlyerで仮想通貨を買うためには、アカウント口座が必要です。アカウントはメールアドレスがあれば開設できますが、本人確認の手続きも必要になります。

本人確認は運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書があれば手続きできます。ただし手続きには時間がかかるので、早めに登録しておくとよいでしょう。

日本円で購入する

bitFlyerのアカウント登録が終われば、次は仮想通貨を買うためのお金を入金します。どの仮想通貨も日本円で購入できるので、まずは開設したbitFlyerのアカウント口座に入金しておきましょう。

入金方法は銀行送金かインターネットバンキング、あるいはコンビニからの送金のいずれかで行います。

一度でも仮想通貨を買った場合

一度でもいずれかの仮想通貨を購入すれば、ほかの仮想通貨はアカウント口座にある仮想通貨を使って購入することもできます。たとえばビットコインを買ってからイーサリアムを購入したいという時、そのビットコインを使ってイーサリアムを買えるということです。

どれか一種類の仮想通貨があればよいという場合には、わざわざ日本円を入金せずともbitFlyerのアカウント内で仮想通貨を「交換するような形」で買えます。

bitFlyerには「販売所」と「取引所」がある

仮想通貨を買う手段は実は2通りあります。「販売所」で業者から購入する方法と、「取引所」でほかのユーザーから購入する方法です。

bitFlyerにはこの2通りの購入方法があるので、どちらか好きなほうを選べます。初めて仮想通貨を買うのであれば販売所が、慣れてきたら取引所がおすすめです。

bitFlyerで取り扱っている仮想通貨(暗号資産)は以下の14種類(2022年3月時点)あります。レートは2022年3月15日時点のものです。

ビットコイン(1BTC=4,589,945円)

リップル(1XRP=89.97円)

イーサリアム(1ETH=301,388円)

チェーンリンク(1LINK=1,561円)

ポルカドット(1DOT=2,059円)

テゾス(1XTZ=347.4円)

ステラルーメン(1XLM=21.106円)

ネム(1XEM=10.97円)

ベーシックアテンショントークン(1BAT=85.34円)

イーサリアムクラシック(1ETC=3,023円)

ライトコイン(1LTC=12,408円)

ビットコインキャッシュ(1BCH=33,879円)

モナコイン(1MONA=111.1円)

リスク(1LSK=238円)

bitflyerでの仮想通貨の買い方

それではbitFlyerでの仮想通貨の買い方を説明します。

販売所で買う方法

bitFlyerにログインしたら、まずメニューから「販売所」を開きます。

※画像はすべてbitFlyer公式サイトより

画面右上にアカウント口座に預けている残高が表示されています。

初めて仮想通貨を買う場合には、ここには日本円のみの残高が表示されることになります。

この画面はビットコインのものですが、ほかの仮想通貨にも切り替えられます。購入する仮想通貨を選んでおきましょう。

次に「買う」を選択し、切り替わる画面で注文する金額を「日本円」か「ビットコイン」か「↑↓」を使ってどちらかに切り替えます。

金額の数値を入力して「買い注文に進む」をタップすると、購入金額の合計が表示されます。

金額に間違いがなければ、「買い注文を確定する」をタップして完了です。

仮想通貨の価格は時間の経過により変動している点に注意しましょう。販売所では価格の指定はできないので、注文を確定すればその時点でのレートで購入します。

取引所で買う方法

取引所ではほかにbitFlyerのアカウントを持つユーザーと仮想通貨の売買取引ができます。販売所よりも機能が多いので、詳しく説明します。

「取引所」を開く

bitFlyerにログインしたら「取引所」を選んでタップします。すると取引所の画面が開きますが、取引所ではビットコインのみ購入できます。

ここで購入する数量と価格を入力します。入力して「買う」をタップすれば注文完了です。しかし、この時点ですぐに購入できるわけではありません。ほかのユーザーの売り注文との「マッチング」が行われるからです。

取引所で仮想通貨を買う仕組み

取引所は販売所と異なり、ほかに仮想通貨を購入したいユーザーと保有している仮想通貨を売りたいユーザーが注文を出しています。その売り注文と買い注文の価格と数量がうまくマッチしたものから、注文が執行される仕組みになっています。

もう一度、取引所の画面を見てみましょう。

真ん中に価格が表示され、その両側にも数字が表示されています。これは真ん中の価格に対して、買い注文の数量と売り注文の数量がそれぞれどのくらい入っているのかを表しています。

左側の数字が「売り注文」の数量で、右側の数字が「買い注文」の数字です。売り注文は上にいくほど価格が高くなり、買い注文は下にいくほど価格が安くなります。

真ん中から価格が離れるほど注文は執行しにくくなります。そのため、すぐに買いたい時には表示されている買い注文の価格で1番高い価格、あるいはそれよりも大きな数字を入れる必要があります。

もし時間がかかってもよいので、できる限り安く買いたいという場合には、安い価格で注文を出しておくとよいでしょう。価格が下がりうまく売り注文とマッチングすれば購入できます。

bitFlyer Lightningでの買い方

よりこまかな買い注文を出したい場合には、「bitFlyer Lightning」という取引所を利用します。こちらもログインしたらメニューから選べます。bitFlyer Lightningではビットコイン以外の仮想通貨も選べます。

bitFlyer Lightningでは価格を指定して買い注文を出す「指値注文」のほかに、すぐに買うことができる「成行注文」を出せます。仮想通貨の売買に慣れたら、この取引所を利用するとよいでしょう。

まとめ

bitFlyerで仮想通貨を購入する方法は大きく分けてふたつ、販売所と取引所での注文があります。販売所はすぐに購入できますが、取引所は数量と価格を指定して注文するので、売り注文とマッチングすれば購入できます。すぐに買いたい場合には取引所のひとつ、bitFlyer Lightningを利用する方法もありますが、こちらは慣れてきたら利用するとよいでしょう。


アカウントを作成

bitFlyer(ビットフライヤー)での仮想通貨の買い方を解説