ビットカジノブログ

仮想通貨

カテゴリー
ブロックチェーンがeスポーツをネクストレベルへ!

ブロックチェーンがeスポーツをネクストレベルへ!

Mon Aug 23 2021 05:10:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

1991年に研究者のスチュアート・ヘイバーとW・スコット・ストーネットがタイムスタンプを記録するシステムとしてブロックチェーンを紹介したとき、その可能性を感じた人は多くありませんでした。しかし、2008年にビットコインがこの技術を利用して、中央集権やプライバシーといった従来の通貨システムの問題を解決したことで、ブロックチェーンが金融だけでなく、その他の多くの産業を革新する扉が開かれたのです。

ブロックチェーンをシステムに組み込み始めている業界の一つにeスポーツがあります。eスポーツのシーンは長年にわたって劇的に進化し、技術革新のたびに新たな高みに到達し、21世紀には10億ドル規模の産業となりました。

そして今、ブロックチェーン技術を用いることで、eスポーツのゲーミングとベッティングは分散型ソリューションによってさらに大きくなり、ゲームングとベッティングの両方の世界で最高の体験が可能になるのです。仮想通貨が使えるビットカジノで、eスポーツの未来と、ブロックチェーン技術がeスポーツをどのようにネクストレベルに引き上げるかを見ていきましょう!

ブロックチェーンはeスポーツの未来なのか?

eスポーツは、プレイヤー同士が対戦するビデオゲームをプレイする際のスキルやプロ意識を称えるバーチャルスポーツです。eスポーツのイベントには通常、賭けたり、単にゲームを観戦する観客として参加します。

ビデオゲームの人気を背景に、eスポーツは急速に普及し、消費者の関心を集める分野となりました。特に、ミレニアル世代やジェネレーションZのユーザーは、基本的に娯楽をガジェットに依存しているため、その傾向は顕著です。

しかし、eスポーツは活況を呈しているにもかかわらず、欠点がないわけではなく、ブロックチェーンがそれを解決しようとしています。ブロックチェーンが本当にeスポーツの未来なのかどうかを判断する前に、まずeスポーツが現在直面している課題を見てみましょう。

  • eスポーツが直面している第一の問題は、ブランドとゲーマーのための自給自足のエコシステムが存在しないことです。つまり、多の場合で仲介業者に依存するため、その分利益が減少してしまいます。
  • 第二に、eスポーツには多くの中間業者が存在するため、プレイヤーは利益を失い、業界の中核であるにもかかわらず、業界全体の収益のわずかな割合しか得ることができません。
  • eスポーツには、プレイヤーに公正な報酬を提供できる透明なシステムがありません。
  • ギャンブラーやプレイヤーが安心して参加できるポータルがない場合、eスポーツへの投資は困難です。
  • TwitchやYouTubeでフォローしない限り、ファンがプレイヤーを知る簡単な方法はありません。
  • コンテンツ制作者は、コンテンツを適切にマネタイズするために、堅牢な技術ソリューションを用いる必要があります。

ブロックチェーンは、eスポーツのための分散型エコシステムを構築することで、これらの問題のほとんどすべてを解決することができます。このエコシステムでは、プレイヤーやコンテンツ制作者は作品を収益化でき、ファンは彼らと簡単に交流することができます。

Eスポーツにブロックチェーン技術を導入することで、さまざまな企業がオンラインゲーマーをうまく利用するような商業化された一方通行のストリートマーケットに陥るのではなく、開発者、企業、ゲーマーの三者にとって公正で透明性のあるエコシステムが実現します。

今すぐ仮想通貨ゲームをプレイ


未来はすぐそこ。ブロックチェーンがeスポーツにもたらす革命とは?

ブロックチェーンは、その技術によって、ゲーマー、ファン、クリエイターのために、より良いエコシステムを作ることができます。ここでは、eスポーツにおけるブロックチェーン技術について見てみましょう。

1. 非中央集権的なプラットフォームの提供

eスポーツ業界では、プレイヤーは十分なリターンを得られません。実際、世界の22億人のゲーマーのうち、報酬を得られるのはわずか3%で、そのほとんどが、その分野で最も優れた、あるいは少なくとも最も人気のあるプレイヤーです。業界の底辺にいるプレイヤーにはチャンスがありません。

ほとんどの場合、仲介業者は、最高のプレイヤーや有名なプレイヤーだけを対象とした数限られたトーナメントを開催するだけです。このようにマネタイズの価値や機会がないため、ゲームは時間の無駄と思われがちです。

この問題を解決するためにブロックチェーンができることは、さまざまな業界の関係者がつながり、同じ土俵で競い合うことができる分散型プラットフォームを提供することであり、それによってゲーマー、開発者、メディア、スポンサーにとってより包括的なエコシステムを構築することができます。

これが可能になるのは、ブロックチェーンの分散型の性質により、安全なデータを維持・運用するためのコストが低くなり、プレイヤーや開発者の参入障壁が低くなるためです。

そして、アマチュアプレイヤーは、このスペースを利用して自分の名前を知らしめることができます。一方、ステークホルダーは、このプラットフォームを利用することで、賞品の配布やメディアの権利、プレイヤーの移籍などを管理することができます。

2. 業界の信頼性を向上させる

ブロックチェーンは不変的であることで知られています。eスポーツにこの技術が導入されれば、eスポーツのエコシステムにおけるセキュリティと信頼性が向上します。ブロックチェーンはパブリックな台帳であるため、すべてのデータは透明で一般に公開され、裏取引や不正行為の可能性を排除することができます。

さらに、ブロックチェーンは、ゲーム開発者が自分の作品を保護し、ゲーム制作者の許可なく誰にも使用させないようにするのに役立ちます。これにより、ゲーム開発者の作品の収益性がさらに向上します。

そしてまた、ブロックチェーンにはスマートコントラクトがあり、ゲーム開発者は、主催者が自分のゲームをトーナメントで使用する前に、まず支払いを受けるという契約を結ぶことができます。スマートコントラクトが公開されていれば、賞金の不公平な分配の懸念もなくなります。

3. 多様な支払い方法の提供

多くのベッターがeスポーツベッティングに参加できないのは、利用可能な支払い方法が限られているからです。さらに、国によっては一定の制限が課せられています。ブロックチェーンは、地理的な障壁を取り除き、世界中のベッターが参加できるようにします。また、eスポーツ系仮想通貨での支払いが可能になり、銀行口座を持たないコミュニティでもeスポーツステークスイベントに簡単に参加できるようになります。

4. 透明性の提供 

オンラインステークスに参加すると、その結果の信憑性を疑わずにはいられないものです。主催者が結果を操作しているのではないかという疑問は、ブロックチェーンが解決してくれる正当な懸念です。

ブロックチェーンの不変の台帳は、情報を永続的に保存し、他のブロックに接続するため、誰もデータを改ざんすることができません。

5. プライバシー保護が可能

個人データが第三者の手に渡ってしまうケースは少なくありません。誰もが自分の個人データを公にしたいとは思いません。eスポーツ系仮想通貨をスポーツ取引に使用すると、ブロックチェーンには個人情報が保存されないため、ユーザーは匿名で賭けを行う自信を持つことができます。ハッカーに狙われるようなデータは持たずに済むのです。 

より良いeスポーツ体験を!

eスポーツは成長中の産業ですが、新たなマイルストーンに到達するにはまだ多くの改善が必要です。そのためにeスポーツにはブロックチェーンが必要なのでしょうか?必ずしもそうではありません。自力ですべてを達成するほどの大きな市場を持っています。しかし、業界の最大の問題のほとんどを解決するためには、ブロックチェーンが必要でしょう。最も重要なことは、ブロックチェーンは、ゲーム企業だけでなく、誰にとってもeスポーツの体験をより良いものにすることができるということなのです。

Words by: Ana Gabrielle Gundran


今すぐ仮想通貨ゲームをプレイ

仮想通貨を最大限に活用しましょう。ここビットカジノで、素晴らしいブロックチェーンゲームをチェック。