ビットカジノブログ

仮想通貨

2021年のビットコインとインフレーションについて

カテゴリー
2021年のビットコインとインフレーションについて

2021年のビットコインとインフレーションについて

Wed Mar 24 2021 01:00:00 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

ビットコインの概念が登場して以来、安全な資産として知られるようになりました。経済が低迷している中、供給量が限られていることにより、ビットコインの価格は今後も上昇することが期待されています。

新型コロナウイルスの流行によるパンデミックの影響で、この予測が現実のものとなるのかが試される状況となりました。2020年を振り返ってみて、世界トップの暗号通貨の将来と2021年のインフレーションとの関係について、Bitcasinoで考えてみましょう。

ビットコインとインフレーションの基礎

ビットコインの最大供給量は2100万枚と決まっており、現在では約1800万枚がすでに採掘(マイニング)されています。この数が枯渇してしまえば、二度と新しいビットコインがマイニングされることはありません。この希少性こそが、ビットコインを金と同等なものにしており、インフレーションに対するヘッジとして機能しているのです。

どの中央銀行であっても、市場にビットコインを発売することはできません。その代わり、新しいコインは「マイニング」と呼ばれるプルーフ・オブ・ワークプロトコルを通して鋳造されます。採掘者(マイナー)は、複雑な数学的問題を解決してから、取引を確認してブロックチェーン上に追加します。

このマイナー達の努力と引き換えに、今では6.25BTCの価値があるブロック報酬を受け取ることができます。このプロセスによって、ビットコインネットワークを確保するだけでなく、新たに鋳造されたコインの流出と需要が一致することも保証できます。

「ビットコイン半減期」とは

ビットコインに対する需要が上がり、市場に出回るビットコインが増えるとどうなるでしょうか?「ビットコイン半減期」というイベントが起こります。これは、ブロックチェーン上に追加されたブロックが4年経った際や21万ブロック目になる度に、マイナーが受け取るブロック報酬が半減されるというものです。これにより、新たにマイニングされたコインの供給を減らし、ビットコインのインフレを抑制する目的があります。

この報酬の半減は、ビットコインのコードに書かれているデフレの予防策です。供給が少なくなると、ビットコインの価格は上昇すると予測されています。実際に、2012年と2016年に発生した2回の半減では、報酬がそれぞれ25BTCと12.5BTCに引き下げられました。どちらの半減でも、1年後には価格は200%以上上昇し、2017年には2,526米ドルまで上昇しました。

3回目の半減は昨年2020年5月に行われましたが、その長期的な効果はまだ確認されていません。まだ1年も経っていませんが、ビットコインは3月13日には61,000米ドルという歴史的な新高値(ATH)を記録しました。これは、2017年の20,000 米ドルATHよりも250%近くの高値となりました。

今すぐクリプトゲームをプレイ


インフレーションに対するヘッジ

ビットコインの希少性とデフレへの対策を考慮すると、交換媒体というよりも価値の貯蔵庫と考えられるでしょう。また、暗号通貨は限度額が固定されているため、多くの人がインフレに対するヘッジとして考えています。このことを考慮すると、2020年に新型コロナウイルスの流行により世界の経済活動が大きく低迷したパンデミックの間に、多くの投資家がビットコインに群がったのも不思議ではないでしょう。

アメリカ政府とパンデミック、経済危機

米国の全土で施行されたロックダウンによる経済危機を受けて、米国連邦準備制度理事会(FRB)は金利をゼロに近い状態に保ち、より多くの貨幣を印刷するための金融政策を打ち出しました。これにより、この1年間だけで3兆ドル以上の貨幣が景気刺激策のために印刷されました。

この政策では、金利を低く保つことで、人々の借り入れと支出を促し、効果的に経済活動を跳ね上げることを目的としていました。

しかし、流通する米ドルの供給量が増加したため、米ドルの切り下げもそれに追随しました。インフレ率は、需要が積み上がれば、遅かれ早かれ上昇すると予想されています。そして、需要が多く供給が少ないと、価格が高くなり、結果としてインフレ率が高くなります。

暗号通貨はインフレに対するヘッジとなるのか?

FRBによると、インフレとは時間の経過とともに商品やサービスの価格が上昇することを意味します。しかし、流通している貨幣の総量もインフレを定義する上で重要な役割を果たしています。

一方、暗号通貨はその供給を制限することで、インフレが発生する可能性を回避できます。ほとんどの暗号通貨は、一定の制限があり、新たにマイニングされたコインを市場に追加する際の独自のプロトコルがあります。暗号通貨には上限が設定されているので、その供給が乏しくなっても価格が上昇するだけで、結果としてインフレに対するヘッジと考えることが出来ます。一方、米ドルのような不換通貨は、供給量が増えても時間の経過とともに価値が下がるだけなのです。

連邦政府が貨幣を刷り続けて低金利を維持しているため、これから米ドルのさらなる切り下げと高いインフレ率が予想されます。これを懸念して、機関投資家達は資産の損失を防ぐためにインフレに対するヘッジとして機能する暗号などの代替投資を模索しています。

今すぐクリプトゲームをプレイ


インフレ率は上昇するのか?

FRBは、2020年のインフレ率は1.5%前後で推移しており、目標の2%を大きく下回っていると発表しました。つまり、低金利であっても、借入・支出が増加しているわけではないということです。むしろ、お金を溜め込んでいる状況です。高い需要がなければ、物価が上昇してインフレ率が上昇するということはないのです。

しかし、インフレ率が低いからといって、機関投資家がクリプトに投資しないということではありません。機関投資家は、将来のインフレに対するヘッジとしてビットコインを利用しています。今はインフレ率が安定しているとしても、これからその状態が維持されるということではありません。新型コロナウイルスによるパンデミックが落ち着けば、人々の購買意欲も上昇し経済活動が再開され、また上昇すると予想されています。

2021年のビットコインとインフレーションへの期待

2021年に進むにつれて、金融政策と消費活動によってインフレ率の変動が決まります。需要が高まり、雇用が増えることで価格が上昇し始めるかもしれません。そして、より多くの投資家がビットコインを土壇場での解決策として求めるようになり、ビットコインの価格はさらに上昇することが予想されます。

ビットコインの価格急騰を考慮すると、今のうちに暗号通貨を確保するのがオススメです。Bitcasinoではお試ししてみてはどうでしょうか?今すぐビットコインカジノゲームをプレイして体感しよう!

著者:Leann Padilla


今すぐクリプトゲームをプレイ

暗号通貨を最大限に活用しよう!Bitcasinoでブロックチェーンゲームをチェック。

2021年のビットコインとインフレーションについて