ビットカジノブログ

仮想通貨

リップル投資ガイド

リップル投資ガイド

12/26/2019

リップルのCEOであるブラッド・ガーリングハウスは、今すぐカリフォルニアに10,000ドルを送る最速の方法は、空港まで車で行き、自分でお金を飛ばすことだとインタビューに答えました。彼は、現代のインターネットと高度な技術において、既に数秒で情報にアクセスできる環境があるにも関わらず、現在の送金方法が時代遅れなことに困惑し、皮肉を込めてそう答えたのです。

リップルが解決する問題がまさにこれです。 リップルは、国内および国際送金を簡単に行うことを目指しており、その費用はわずか1ドル。現在、ある銀行から別の銀行に送金するには数営業日かかります。なぜなら、各銀行が他の銀行と繋がるのは簡単ではないからです。また、このプロセスは多くの時間を費やすだけでなく、無数の取引手数料のために多大な費用がかかります。

しかし、リップル・ネットと呼ばれるリップル独自のネットワークを使用すれば、国境を越えてお金が移動するまで1分も待つ必要がありません。これは、銀行、決済プロバイダー、デジタル資産取引所がこのプライベートネットワークに接続されているためです。このプライベートネットワークでは、送金プロセスを遅延させるあらゆる障壁が取り除かれています。

グローバルバンキングシステムに革命を起こすという野心的な夢を実現できるのは、リップルのエコシステムと、ソリューションです。このネットワーク内でリップルのプログラムを実行し、XRPと呼ばれる独自の仮想通貨で実行されるソリューションを提供します。この銀行と機関のネットワークは障壁を打破して、スムーズな取引処理を保証します。

リップルは国際的な境界の橋し渡しとなり、何マイルもの無駄を根絶する手段としてリップル・ネットを作成しました。このネットワーク上では、xCurrent、xRapid、およびxViaと呼ばれる3つの異なるプログラムが実行されています。これらのソリューションはリップルの顧客にあわせて開発されており、主に銀行、金融機関、および支払いプロバイダーが利用しています。このネットワークで発生する取引は、リップルのネイティブ・デジタルコインであるXRPによって可能になります。

XRP:ブリッジ通貨

XRPは、リップル・ネットを利用する銀行やその他の機関が送受信するネットワーク内で運営されるリップル独自の仮想通貨です。現在、XRPは世界で最も高速で拡張性のあるデジタル資産の1つです。 イーサリアムの2分やビットコインの66分など、他のコインの速度と比較して、XRPは超高速の3秒という取引時間で、過去の記録を破りました。

その上、リップルは膨大な取引量を処理できる高い拡張性を誇っています。これは、世界規模で取引を維持する支払いシステムにとってとても重要です。現在、XRPの台帳は1秒あたり1,500件の取引に対応できます。これは、毎秒16件の取引しか処理できないビットコインや、毎秒56件の取引を行うライトコインなど、他の仮想通貨と比較すると驚くべき数字です。

これが、リップル・プロトコルを採用している銀行が、世界中で数千の取引をよりスピーディーに処理できている理由です。この時間短縮の解決策は、銀行が費やす数十億ドルを節約し、また顧客を即座に満足させる、より効率的なトランザクションをもたらします。

XRPは、法定通貨間の橋渡し役として機能します。ある通貨を後で別の通貨に交換するために一旦米ドルなどの通貨に交換する必要性が無くなるのです。 リップルのネイティブ通貨は銀行間の流動性を安定させ、複数の為替取引を必要とせずに送金のスムーズなプロセスを提供します。

リップル・ネット:金融業界の革命

リップル・ネットは、銀行、金融機関、および決済プロバイダーを相互に接続するネットワークであり、取引の転送および検証時にスムーズな過程を実現します。これを可能にしているのは、リップルの3つの主要製品、xCurrent、 xRapid、およびxViaです。ブロックチェーンベースのプロトコルに忠実であり、このエコシステム内で行われたすべての取引は、後で取引データをXRPのオープンソース分散台帳にアップロードする検証ノードのグループによって確認および承認されます。

xCurrent

xCurrentは、銀行と支払いプロバイダーの支払い処理に重点を置いています。このサービスは企業にソリューションを提供し、XRPを使う必要がありません。これが、リップルネットワークのメンバーが国境を越える決済と取引を促進するプラットフォームなのです。異なる台帳と支払いネットワークを接続するインターレッジャープロトコルを中心に構築されており、取引を遅延させる障壁を消去するもうひとつのソリューションを提供します。

xRapid

Rapidは、交換所からXRPを調達することにより、オンデマンドの流動性を提供します。 銀行と法定通貨をXRPに変換する交換所とを繋ぎます。

xVia

銀行がxCurrentとxRapidの両方に接続されると、企業はxCurrentネットワークと相互作用するプラットフォームであるxViaと連携できるようになります。銀行と取引をつなぐスーパーハイウェイであり、すべてのやりとりと取引の道すじを提供します。

リップル:仕組みはどうなっているの?

無駄な時間と費用のかかる送金の問題を、リップルはどのように解決しているのでしょうか?それは、xRapidを介して法定通貨をXRPに変換し、xViaを介してXRPを送信することによって行われます。XRPは、銀行またはデジタル資産取引所で受信されます。これらはすべて4秒以内に行われ、XRPの価格は取引が完了するまで上下幅は制限されます。

XRP、現在の状況は?


XRPへの投資を検討する前に、過去数年間にXRPがどのように機能してきたかをまず説明します。 ビットコインの支配的な成功の終わりが到来した事を人々が疑い始めた頃、XRPは、2017年にその価値が1000%以上に上昇し、仮想通貨の世界を揺るがしました。スピードと拡張性の点で有望な能力を持つXRPは「ビットコイン・キラー」という用語を生み出したほどです。

2017年内にXRPの価値は35,000%以上に急上昇し、その年の最高のパフォーマンスを誇るデジタル資産の称号を獲得しました。それは2018年1月に過去最高の3.84ドルで最高に達し、それ以来ジェットコースターのように変動し続けています。執筆時点では、XRPの価格は0.22ドルで、数分ごとに変動しています。 2019年の開始以来、価格は51%に低下し、XRPにとって困難な年でした。

価値の低下にもかかわらず、XRPは時価総額の観点から見て安定しています。時折、暴落があっても、市場で3番目に高い仮想通貨として、未だその称号を堅持しています。 XRPの3秒という取引時間は引き続き最高記録を保持しています。

仮想通貨の高い変動性が知られているとしても、受け手側の個人または機関がXRPを受け取るまでに、XRPの価値が低下する心配はありません。 XRPの価格が受け取られる前に低下するのはわずか3秒です。最大1時間かかる可能性のあるビットコインの取引時間と比較すると、3秒は間違いなくより高速で有利な取引です。

考慮すべきもう1つの事は、リップルの大小規模両方の金融機関とのパートナーシップです。現在、リップルはバークレイズ、JPモーガン、マネーグラムなどの送金大手など200以上の大規模銀行と協力しています。 マネーグラムとの最新のパートナーシップは、大陸を越えて境界を打ち破るという点で画期的な出来事でした。

XRPの取引は、この1か月で過去最高の1日あたり400万件に達しました。それ以前の記録は1月に170万でしたが、わずか9ヶ月後には取引数が2倍以上になりました。これは、リップルの問題解決のネットワークが効率的に機能しており、仮想通貨および金融の世界に継続的に革命をもたらしていることを示しています。

XRPがもたらした変化とは?

リップルは、ブロックチェーンベースのテクノロジーを販売する民間の営利企業です。銀行および金融機関に対して、リアルタイムで費用対効果の高い方法で流動性のある取引を提示しています。オープンソースの台帳なので会社が完全に管理しているわけではありませんが、リップルはまだネットワークをコントロールしています。

他の仮想通貨と異なるもう1つの点は、その生産方法(またはその欠如)です。ビットコインとは異なり、XRPはマイニングされません。 リップルが始まったとき、彼らはすでに市場に流通するXRPの決まった量を事前に採掘していました。 1000億のXRPが開始時に作成され、約990億の供給が残っています。リップルはこれらのコインの大部分を保有し、エスクローやその他の支払い機関は取引のために数十億を保有しています。

すべてではありませんが、ほとんどのブロックチェーンベースのプロトコルとは異なり、リップルの主なターゲット市場は銀行であり、個人ではありません。リップルは、仮想通貨の、仲買人の存在が完全に削除されるという本質に反していると主張する人もいます。プロセスからこれらの仲介者を排除する代わりに、ブロックチェーンの力を制限する技術を利用している仲買人に、リップルはサービスを提供しているのでs.

リップルに投資すべきか?

リップルは主に銀行、金融機関、および決済プロバイダーで使用するためにXRPを作りましたが、XRPはこれらの企業だけに完全に限定されるわけではありません。 XRPは送金目的で購入できます。驚くべき速度と高い拡張性により、XRPで送金するのに4秒もかかりません。現在、世界中の国際機関でのリップルのパートナーシップにより、あなたがお金の到達先は毎日さらに拡大しています。

XRPの購入方法

XRPの購入は、イーサリアムやビットコインなどの他のデジタルコインの購入ほど簡単ではありません。上記のようなコインを購入する場合は、BTCXEなどの交換サイトにログインし、特定の仮想通貨と交換するために必要な金額を入力し、デビットカードまたはクレジットカードを使用して支払うか、または銀行振込で支払うかを選択した後に購入ボタンを押します。

すると、ほら!あっという間にコインは1分以内にウォレットに入ります。注意したいのは銀行振込による支払いを選択した場合は、数日かかることです。これはまさにリップルがこれから解決すべき問題です。残念ながら、この簡単なプロセスではまだXRPで利用できません。現在、法定通貨を使用してXRPを購入することはできませんが、ビットコインで購入することはできます。 XRPを取得するには、ビットコインを購入してから、さまざまな交換サイトでXRPに変換する必要があります。

XRPで何ができるのか?

このプロセスを経てXRPをウォレットに入れた後、何をしましょうか?

仮想通貨愛好家がよく行う古典的な取引と投資があります。価格が低いときにXRPを購入し、価格が急上昇するのを待つ間、ウォレットに入れておきます。最終的には、交換サイトで法定通貨またはその他のデジタルコインを購入するのです。

デジタル通貨のみを受け入れる一部のオンラインストアは、リップルコインに対応しています。 クリプトアークによると、約240のオンラインショップが現在XRPを支払いとして受け付けています。仮想通貨業界の急速に変化し、常に適応している市場で、XRPに対応するショップは日ごとに増加しているのです。

銀行システムに革命をもたらすというリップルの目標により、XRPの真の目的は送金業界で十分に発揮しています。海外の親戚に100ドルを送る必要がある場合は、XRPを送信するだけで数秒のうちに届きます。オンラインショップで支払いとして使用する事も可能で、XRPの比類のない速度と拡張性は、当初の目的を果たしていると言って良いでしょう。

波紋(リップル)を作り、そして潮流を変化させる


リップルは、ある国から別の国への送金が数営業日または数週間ではなく、数秒しかかからない世界を想定しています。彼らはこの夢を、今日の革新的なブロックチェーンテクノロジーの助けを借りて実現しました。パートナーシップの拡大により、このビジョンが主流の経済に参入し、デジタル価値移転の標準になることが容易になりつつあります。

リップルは、独自のネットワークと自己採掘されたコインを使用して、国際送金の手間のかかる古風なプロセスに対する解決策を提供します。 XRPの目的が明確であり、リップル・ネットの安定性は期待に沿うものでしょう。世界が適応するにつれて、 XRPへの投資は増加する状況にあります。市場で3番目に優れたデジタルコインであり続けているXRPは、今後も変わらない改革の真の旗手であることが証明されているのです。


                                 Bitcasinoにログインして、これまでにないような冒険に出かけましょう!
                まだアカウントを持っていないのですか?今すぐ登録!わずか20秒で完了します。

カテゴリー

最近の投稿

カルダノについて知っておくべきこと

カルダノについて知っておくべきこと

3/27/2020
ブログ
仮想通貨
リップル投資ガイド
English日本語РуccкийPortuguês中文Español한국어DeutschFrançaisภาษาไทย